マテリアリティとサステナビリティ方針

Santenは、「天機に参与する」という基本理念のもと、社会の持続的な発展に貢献するとともに、持続的な成長を目指します。

Santenのマテリアリティ

経営の重要課題(マテリアリティ)

「STRATEGY」と「ESGマテリアリティ」が、Santenにとっての経営の重要課題(マテリアリティ)です。

Santenは、「天機に参与する」という基本理念のもと、Santenが目指す理想の世界として、「Happiness with Vision」というWORLD VISIONを策定しました。世界中の一人ひとりが、「見る」を通じた体験により、それぞれの最も幸福な人生を実現する世界を創り出したいという思いが込められています。WORLD VISIONの実現を目指し、2030年とその先に向けてSantenのありたい姿を示したのがSanten’s VISIONです。Santenは、世界中の技術や組織・人材をつなぎ、社会にイノベーションをもたらすことで、「見る」を通じて人々の幸せを実現する、という意味を込め、「Become A Social Innovator」を掲げています。Santen’s VISIONとGOALを達成するための具体的なSTRATEGY(戦略)として「Ophthalmology」(眼科医療への貢献)「Wellness」(健康な目の追求)「Inclusion」(共生社会の実現)の3つの戦略を実行していきます。このWORLD VISIONとSanten’s VISIONは、企業が社会課題の解決に対応することで、経済的価値と社会的価値をともに創造しようとするアプローチであるCSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)の観点から策定したものです。
一方、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点から、社会課題を解決することで社会の持続的発展に貢献すること、さらには中長期的な企業価値向上につなげることを目的に、「社会的意義(Happiness with Vision)のある製品・サービスの開発・安定的供給」「価値創造を促進する組織風土の醸成」「ガバナンス強化・公正公平な社会実現への貢献」「地球環境保全」の4つをESGマテリアリティとして特定しました。3つのSTRATEGY(戦略)と4つのESGマテリアリティを、Santenにとってのマテリアリティ、つまり経営の重要課題として位置づけています。
また、国連加盟国が採択した持続可能な開発目標(SDGs)では2030年までに達成すべき17の目標が掲げられています。マテリアリティに取り組むことにより、目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」をはじめとしたSDGsの達成に貢献していきます。

マテリアリティ特定のプロセス

  • ステップ1:社会課題の抽出
    国連グローバルコンパクトの10原則やSDGsなどの国際的なガイドライン、サステナビリティ評価機関からの調査項目などを踏まえて、社会課題を広範にリストアップしました。
  • ステップ2:社会課題の優先順位付け
    社会にとっての重要度と当社にとっての重要度の2軸で総合的に評価し、優先順位の高い項目に絞り込みました。
  • ステップ3:長期ビジョン「Santen 2030」の3項目をマテリアリティに融合
    2030年とその先を見据え、人々の目の健康に関する社会的な課題の解決に戦略的に取り組むために策定した「Ophthalmology」(眼科医療への貢献)「Wellness」(健康な目の追求)「Inclusion」(共生社会の実現)をSantenのマテリアリティとして抽出しました。
  • ステップ4:妥当性の確認
    策定プロセスおよび抽出したマテリアリティについて、マネジメント層を含めた社内での議論に加え、有識者や投資家など社外のステークホルターとダイアログを実施し、妥当性を確認しました。
  • ステップ5:マテリアリティの特定
    取締役会での議論を経て3つのSTRATEGY(戦略)と4つのESGマテリアリティをSantenのマテリアリティとして特定しました。取り組みの進捗や社会環境の変化等を踏まえて、定期的に見直していきます。

サステナビリティ方針

CSVの観点から策定したWORLD VISONとSanten’s VISIONにESGの観点を踏まえサステナビリティ方針を制定しました。基本理念に基づき、社会の持続的な発展に貢献するとともに、Santenの持続的な成長を目指すことを示しています。

サステナビリティ方針

Santenは「天機に参与する」という基本理念のもと、社会の持続的な発展に貢献するとともに、中長期的な企業価値向上を目指します

世界中の一人ひとりが、「見る」を通じた体験により、それぞれの最も幸福な人生を実現する世界を創り出したい。(WORLD  VISION) Santenは、世界中の技術や組織・人材をつなぎ、「見る」を通じて人々の幸せを実現するSocial Innovatorへ。(Santen’s VISION) 世界の人々に、品質および安全性を確保した製品・サービスを提供するとともに、疾患の治療や予防に役立つ情報を提供する。 多様な人材と価値観を積極的に取り入れることにより、競争力を高め、提供価値の発展を生み出す組織風土の醸成を実現する。 公正かつ透明性の高い経営を実現し、人権や労働、地球環境保全に配慮した事業活動を推進する。

ESGマテリアリティ

4つのESGマテリアリティは、社会の持続的な発展に貢献することとSantenの中長期的な企業価値向上を目的としています。さらに具体的な課題に分けて活動を推進するとともに、取り組み状況を開示しています。

ESGマテリアリティ 課題 2025年までの
主なKGI/KPI
主な取り組み
(現在取り組んでいることに加え、今後取り組むことも含みます)
社会的意義(Happiness with Vision)のある製品・サービスの開発・安定的供給

社会的意義のある製品の市場浸透
  • 発展途上国/最貧国を含む世界各地における眼科医療の質および量の向上
  • 眼科治療へのアクセス改善による未治療患者さんの削減に貢献
  • 患者貢献数:延べ6000万人 注釈 以上
  • サプライチェーン全体で社会的責任の遂行
  • 重要サプライヤーを特定するとともに、間接材・二次取引先以降も含めたCSR調達の実施
  • 安全性監視の徹底、顧客サービスの充実
  • 供給能力5億本以上
  • デジタルや電子デバイスを活用した眼科医療の進化
  • 細胞治療・遺伝子治療を含む治療のイノベーション
  • 眼科薬やサージカルデバイスの開発、販売、安定供給により、増大するメディカルニーズを充足
  • 眼科医療エコシステムの質的・量的充実や社会的効率の向上
サプライチェーンの評価・管理
  • 重要取引先の特定
  • リスクアセスメントの実施
  • サプライチェーン全体での社会課題解決に向けた取り組み
  • サプライヤーにおける強制労働・児童労働の撤廃と腐敗防止の徹底
品質・安全性の確保と適切な供給体制の確立
  • 品質保証
  • ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)
  • 薬事対応強化
  • 製品の安定供給
  • リコール時の製品回収体制の確立
  • 偽造医薬品対策
製品・サービスに関する適切な情報提供
  • 安全性情報の一元管理と適切な提供
  • 責任あるマーケティング・広告・販売の推進
  • 医薬品・医療機器のプロモーション基準遵守
  • 医薬品の適正使用の推進
価値創造を促進する組織風土の醸成


ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンの推進
  • 従業員の失明や視覚障がいに対する理解と認知の向上
  • グループ全体で視覚障がい者と仕事や価値観を共有する機会の提供
  • 経営幹部層を中心に各層における多様性(性別、国籍等)の強化
  • グループ全体での視覚障がい者の雇用促進
  • ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンの推進
  • 属性による差別のない各人の能力発揮の場の提供
  • 特例子会社を含めた障がい者の活躍推進
高付加価値で生産性の高い職場環境の構築
  • 従業員の健康・メンタルヘルスの増進
  • 長時間労働の防止
  • 職場の安全衛生活動
  • 労働災害の防止
  • 安全衛生リスクアセスメント
  • 安全衛生の第三者認証
人材の育成
  • サンテン・リーダシップ・コンピテンシー(SLC)による人材育成の促進
  • 個の能力を高めるための全社的教育プログラムの推進
  • 従業員満足度/エンゲージメント調査の実施
ガバナンス強化・公正公平な社会実現への貢献

コーポレート・ガバナンス
  • コーポレート・ガバナンスにおける多様性の向上
  • 関連部門間との緊密な連携によるリスク管理態勢の継続的検証と改善のPDCAサイクルが機能
  • グループリスクマネジメント体制整備、関連規程類の整備・浸透、内部統制ディフェンスライン関連部門との連携強化
  • セキュリティリスクに適切に対応し、予期せぬ事態が発生しても事業継続の確保
  • 災害復旧のフレームワークと計画の作成
  • 取締役会議長の独立性確保
  • 取締役会の多様性確保
  • 取締役/監査役の略歴/専門性/報酬の開示
  • 報酬委員会の独立性/有効性確保
コンプライアンス
  • 「参天企業倫理綱領」の実践
  • コンプライアンス教育の実施
  • 「コンプライアンス相談・通報窓口」「社外ヘルプライン」の運用
  • 腐敗防止(贈収賄・汚職・反競争的な商習慣の防止)
リスクマネジメント
  • リスクアセスメントの実施
  • 想定リスクに対する体制の整備とトレーニングや研修等の実施
  • 事業継続計画(BCP)の策定
  • 情報セキュリティ対策の強化
人権の尊重
  • 人権デュー・デリジェンスの実施
地球環境保全

気候変動対策
  • CO2排出量削減や水資源・省資源対策、プラスチック対策などの取り組みによる、脱炭素社会と循環型社会の実現
  • CO2排出量削減
    Scope 1・2(2019年度比)
    • 2025年度:25%削減
    • 2030年度:50%削減
    Scope 3カテゴリ1(2019年度比)
    • 2025年度:8%削減
    • 2030年度:15%削減
  • 点眼容器のバイオマスプラスチック化
    • 2030年度:60%
  • 社有車の100%を電気自動車へ切り替え
  • TCFDの賛同
  • CO2量排出の削減
  • 再生エネルギーの利用増加
  • 気候変動のリスク/機会の特定
  • エネルギー消費データ・廃棄物・水使用量の第三者保証
環境負荷低減
  • プラスチック廃棄物の削減
  • 廃棄物排出量の削減
  • 有害物質の排出管理
  • 水使用量の削減・効率化
注釈
JMDCでの当社医療用医薬品における製品ごとの延べ推計患者数および当社出荷データをもとに、炎症・アレルギー、角膜、緑内障、白内障の疾患領域で推算した2019年度延べ貢献患者数は約4,300万人

CSR推進体制

Santenでは、社長兼CEOを委員長とし関連部門の執行役員で構成されるCSR委員会を設置しています。基本理念やサステナビリティ方針、グループの戦略、社会課題などを踏まえ、サステナビリティ推進活動に関するグループ全体の方針・目標を設定するとともに、活動推進状況をモニタリングしています。

CSR委員会構成メンバー

委員長:社長
副委員長:CSR担当役員
委員:企画・IR担当役員、人事担当役員、生産・信頼性保証担当役員、財務・ガバナンス担当役員

戦略的意思決定に資するデータの利活用

Santenでは、複雑化・多様化・不透明化する経営課題に取り組みながら、長期ビジョン「Santen 2030」を実現するため、グローバルで企業統治(ガバナンス)を強化しています。この取り組みとして、デジタルトランスフォーメーションを活用し、財務情報のみならず、ESGなどの非財務情報を迅速かつ包括的に捉え、戦略的意思決定に資するデータ利活用の基盤整備を進めています。ガバナンス強化施策の一つとして、業務プロセスのグローバル標準化や財務・非財務情報の迅速な収集を実現するため、クラウド型ERPシステムへの移行を進め、効率性と競争力の向上を目指しています。また、各バリューチェーンにおいてもデータを活用した業務プロセスとアウトプットの見える化、データを活用した迅速で妥当な意思決定が実施できるよう、ITインフラおよび業務プロセスを再構築する取り組みを進めています。