9月25日(土)より「IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021」が開幕

参天製薬株式会社(以下Santen)は、2021年9月25日(土)から開催されるブラインドサッカーのヨーロッパ大会「IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021」へ協賛します。ディビジョン2では、上位2チームが2022年に開催予定の「ヨーロッパ選手権ディビジョン1」への出場権を獲得できます。

この大会は9月25日(土)から始まり、試合の模様はストリーミング配信で観戦することができますので、皆さんもぜひご覧ください。

IBSA YouTube channel

IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021 選手画像

開催概要

大会名 IBSA ブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021
主催者 International Blind Sports Federation / Paralympic Committee of Romania / Association of the Blind in Romania / Romanian Football Federation
協賛 Santen/International Blind Football Foundation
会場 ブカレスト(ルーマニア) ナショナルサッカーチーム・トレーニングキャンプ場
日程 2021年9月25日(土)〜28日(火)
参加国 ルーマニア、ポーランド、アルバニア、ギリシャ
IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021 大会画像
IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021 大会画像

CEOメッセージ:視覚障がい者と晴眼者が自然に交じり合うインクルージョンの場を提供

Santenは昨年10月、視覚障がいの有無に関わらず、両者が自然に混じり合う社会の具現化を目的に一般社団法人インターナショナル・ブラインドフットボール・ファウンデーション、NPO法人日本ブラインドサッカー協会と10年間の長期パートナーシップ契約を締結しました。世の中の価値観を変える取り組みであり、10年単位の長期イニシアティブとなります。

パートナーシップにおいては、『“見える”と”見えない”の壁を溶かし社会を誰もが活躍できる舞台にする』というビジョン達成に向け、①『共体験でそれぞれの個性や強みを理解する』、②『見えるに関するイノベーションを創出する』、③『視覚障がい者のQOLを向上する』という3つのゴールを設定して活動を展開しています。

ブラインドサッカーは、プレー中の声援や音出しが禁止されているため、静寂と歓喜のメリハリが利いていて楽しい競技です。ゴールキーパーを晴眼者が務め、フィールドプレーヤーの視覚障がい者と一緒にプレーします。また、サッカーは世界共通言語であり、世界中の人が特段の説明を必要とせずに競技を楽しむことができます。私たちSantenは、ブラインドサッカーを共生社会の象徴と捉え、このような体験を世界中に広げたいとの想いから、今年5月に東京・品川で開催された『IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2021』に続き、『IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021』に協賛しています。今後も世界中に視覚障がい者と晴眼者が自然に交じり合う共体験の場を提供していけるよう様々な支援活動を展開していきます。

IBSAブラインドサッカーヨーロッパ選手権 ディビジョン2 2021 大会画像

参天製薬株式会社 代表取締役社長兼CEO 谷内 樹生 参天製薬株式会社 代表取締役社長兼CEO
谷内 樹生

ブラインドサッカーとは

ブラインドサッカーについては、こちらのチャンネルで解説がありますのでご覧ください。