コンプライアンス

Santenは、法令遵守はもとより、健全な倫理感に基づく良識ある企業行動を実践します。

行動規範としての「参天企業倫理綱領」

Santenは、法令遵守はもとより、基本理念の背景にある精神を理解したうえで、当社で働くものにふさわしい高い倫理観をもって行動し、真に顧客の信頼を得ることが重要だと考え、契約社員や派遣社員を含め、すべての役員・従業員に求められる行動のあり方をまとめた「参天企業倫理綱領」を行動規範としています。

「参天企業倫理綱領」の理解浸透

Santenは、行動規範である「参天企業倫理綱領」をグローバル化により多様化する役員・従業員のために13か国語に翻訳し、国や地域単位で浸透活動を行うことで周知徹底を図っています。また、社長もしくはチーフ・コンプライアンス・オフィサーからすべての役員・従業員に向けて継続的にメッセージを発信し、経営者が率先してコンプライアンスに基づく経営を行っています。

参天グローバル・コンプライアンス・ポリシー

ヘルスケア業界では、公務員や医療関係者等と研究開発、製造、販売をはじめとするビジネスのあらゆる場面において接する機会があります。汚職や賄賂などの腐敗行為に対する法規制が強化され取り締まりがますます厳しくなる中、こうしたビジネス構造から、企業活動における高い透明性が求められています。
このような背景から、世界の多くの製薬企業が加盟する国際製薬団体連合会 (IFPMA) のコード・オブ・プラクティスに基づき、すべての役員・従業員が遵守すべき事項をまとめた「参天グローバル・コンプライアンス・ポリシー」を策定し、2019年11月から施行しています。
Santenで働くすべての役員・従業員が、法令を遵守し、高い倫理観と誠実さをもって行動することで、患者さんのQOL(Quality of Life: 生活の質)の向上に貢献することを目指しています。

グローバルコンプライアンス体制

Santenは、チーフ・コンプライアンス・オフィサーを任命し、各地域および機能組織の担当役員からなるコンプライアンス委員会を設置して、基本理念や規程の浸透、コンプライアンスを遵守する企業文化の醸成、コンプライアンス問題への対応など様々なコンプライアンス施策をグローバルで推進しています。また、各地域にグローバルでの推進活動を補佐するコンプライアンス実務責任者を指名し、定期的にコンプライアンス実務責任者会議を開催して、コンプライアンス委員会での決定事項の推進方法や課題に対する施策を協議し、グローバルで推進活動の支援を行っています。

腐敗防止に対する取り組み

Santenは、2017年10月に国連グローバル・コンパクトに参加し、強要や贈収賄、横領を含む腐敗行為の防止に取り組んでいます。行動規範である「参天企業倫理綱領」に、「直接であれ、第三者を介するものであれ、各国の法令、もしくは国を限定せず適用される法令等に反し、贈収賄や腐敗とみなされる行動をしません」と明記し、贈収賄・腐敗行為を禁じています。政治や行政と健全かつ正常な関係を保持するために、政治献金を行う場合は、政治資金規正法等の関連法令を遵守するとともに、社内規程に基づき適切に管理しています。反社会的勢力および団体には毅然とした態度でいかなる要求にも応じないことも「参天企業倫理綱領」に定めています。腐敗行為の防止に対する役員・従業員一人ひとりの理解を促進するため、eラーニングなどによる研修を継続的に行っています。
Santenでは2020年度において、腐敗行為による法的措置を受けた事例はありませんでした。

コンプライアンス相談・通報窓口

Santenは、契約社員や派遣社員を含めたすべての役員・従業員が、コンプライアンス上の疑義のある場合や問題が生じた場合に相談・通報しやすいように、従業員のいる国や地域に応じた言語で利用できる「社内相談・通報窓口」および社外の弁護士などの第三者による「社外ヘルプライン」を設置し、顕名・匿名での相談・通報を受け付けています。寄せられた相談・通報については、適正に調査し誠実に対応するとともに、定期的に取締役会にて報告しています。
2020年度の相談・通報件数は23件でした。

内部通報者の保護

Santenは、「コンプライアンス規程」で、各地域で内部通報者を保護するために十分な措置をとることを定めています。

「コンプライアンス規程 - コンプライアンス違反に関する内部通報システムの整備 -」からの抜粋

参天グループ各社は、前項に定める内部通報システムの運用にあたり、内部通報を理由とした通報者に対する懲罰、差別的処遇等の報復行為、人事考課への悪影響等の不利益取扱いを行わない。各機能本部本部長、地域事業統括及び参天グループ各社社長は、担当組織・事業において、上記趣旨の周知及びルール化を含めた十分な措置をとるものとする。

例えば、日本では「相談通報手順書」で、通報者の保護を規定しており、通報者に対し不利益取扱いをしてはならないこと、不利益取扱いが確認された場合当該行為を中止させること、通報協力者や調査協力者に対しても通報者と同様に保護されることなどを定めています。

個人情報の保護

Santenは、2016年EUのGDPR(General Data Protection Regulation)制定を契機に各国で厳格化される個人情報保護法令に対応するために、新たに「グローバル個人情報保護規程」を策定し、2020年4月に制定しています。患者さんや一般消費者、従業員の個人情報を適正に取り扱い、保護するために、すべての役員・従業員への周知を行うなどグローバルで一体となり個人情報保護体制の強化に取り組んでいます。
Santenでは、2020年度に規制当局に報告した顧客データの侵害はありませんでした。

コンプライアンス教育

Santenは、11月を「参天企業倫理綱領」の周知月間として定め、すべての役員・従業員に対して研修を実施するなど、コンプライアンス意識の醸成に取り組んでいます。その一環として、例えば2020年度は、「ヘルスケアコンプライアンスの概要」についてのグローバルでeラーニング研修を実施しました。また、入社時には「参天グローバル・コンプライアンス・ポリシー」を理解し、遵守することへの署名・認証を取得しています。
Santenでは、2020年度における重大な法令違反はなく、訴訟を提起されている案件もありませんでした。