社会的意義のある製品の市場浸透

Santenは、事業分野である眼科領域における医療アクセス向上に取り組み、より多くの人々に対して眼科治療へのアクセスを改善することで、未治療の患者数の削減へ貢献していきます。

眼科医療への貢献と健康な目の追求による医療アクセス向上

Santenのマテリアリティ(経営の重要課題)は3つの戦略と4つのESGマテリアリティで構成されています。「Ophthalmology」(眼科医療への貢献)「Wellness」(健康な目の追求)「Inclusion」(共生社会の実現)の3つの戦略の一つ、「Ophthalmology」では、眼科医療のイノベーションおよび眼科医療エコシステム 注釈1 の発展を加速していきます。「Wellness」では、より良い眼の状態に向けた重要性認識向上とアイケアを推進していきます。
これらの取り組みを通して、社会的意義のある製品を開発し、より多くの人に眼科治療へのアクセスを改善することで、世界の未治療の患者数削減へ貢献していきます。2025年までに6,000万人 注釈2 以上の患者さんに貢献することを目指しています。

注釈1
眼科医療エコシステム:眼科医療の提供に寄与するさまざまな関係者の集合体とそれらが有機的に機能する連携関係のこと
注釈2
JMDCでの当社医療用医薬品における製品ごとの延べ推計患者数および当社出荷データをもとに、炎症・アレルギー、角膜、緑内障、白内障の疾患領域で推算した2019年度延べ貢献患者数は約4,300万人