参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ニュースリリース

H1ブロッカー点眼剤「リボスチン®点眼液0.025%」新発売について

2001年1月23日

参天製薬株式会社(本社:大阪市  社長:森田隆和)はH 1 ブロッカー点眼剤 (注1) 「リボスチン®点眼液0.025%」を2001年1月31日に新発売いたします。

「リボスチン®点眼液0.025%」(一般名:塩酸レボカバスチン)は、ベルギーのヤンセン  ファーマスーティカが開発したH 1 ブロッカー点眼剤で、既にアメリカ、ドイツ、フランス、イギリスなど世界80カ国以上でアレルギー性結膜炎治療薬として承認され、日本ではヤンセン協和株式会社(本社:東京都品川区  社長:関口  康)が開発し昨年9月に承認を取得しています。

同剤は、ヒスタミンH 1 受容体に対して親和性及び特異性が高く、かつ作用持続時間の長いH1拮抗作用を有することから、アレルギー性結膜炎の主症状である「かゆみ」「充血」などに速やかな改善が期待されます。

(注1)H 1 ブロッカー点眼剤
ヒスタミンH 1 受容体拮抗作用を主作用とする点眼剤で、アレルギー性結膜炎の主症状の速やかな改善が期待される。


参考
製品名 和文:リボスチン®点眼液0.025%
英文:Livostin® Eye Drops 0.025%
一般名 和文:塩酸レボカバスチン (JAN)
英文:levocabastine hydrochloride (JAN)
効能・効果 アレルギー性結膜炎
特徴 1.アレルギー性結膜炎に効果を示すH ブロッカー点眼液です。
2.強力で特異的なヒスタミンH 拮抗作用を有します
(モルモット、ラット、 in vitro )。
3.アレルギー性結膜炎の主訴であるそう痒感、充血等を速やかに改善します。
4.海外の80カ国以上で承認されています。
5.副作用は3.8%(18/476例)でした(承認申請データ)。      
    主な副作用は眼刺激9件(1.9%)、頭痛2件(0.4%)等でした。
包装 4mL×10本
薬価基準 1mL  218.5円
製造元 ヤンセン ファーマスーティカ(ベルギー)
輸入発売元 ヤンセン協和株式会社
販売元 参天製薬式会社
承認取得 2000年  9月22日
薬価収載 2000年11月17日
発売 2001年  1月31日

以上

前ページ  |  次ページ

ページトップへ