参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ニュースリリース

耳鳴治療剤「ストミンA®錠」の販売権の移行について

2000年9月19日

参天製薬株式会社(本社:大阪市  社長:森田隆和)と、ゾンネボード製薬株式会社(本社:東京都  社長:佐藤功記)はこれまで両社で販売提携をしてまいりました耳鳴治療剤「ストミンA®錠」について、2000年11月末の契約満了に伴い、販売権を移行することで合意いたしました。

耳鳴治療剤「ストミンA®錠」は参天製薬がゾンネボード社から導入し販売してまいりましたが、今回の販売権の移行に伴い、2000年12月以降は製造元のゾンネボード社が販売いたします。

「ストミンA®錠」は、1979年にゾンネボード社が開発したニコチン酸アミドと塩酸パパベリンを含有する内耳及び中枢障害による耳鳴治療剤で、1986年より参天製薬が販売しており、1999年度の売上高は1億5500万円です。


(参考)
●会社概要
参天製薬株式会社
設  立: 1890年
資本金: 61億9,720万円
社  長: 森田  隆和
ゾンネボード製薬株式会社
設  立: 1941年
資本金: 9,640万円
社  長: 佐藤  功記

以上

前ページ  |  次ページ

ページトップへ