参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ニュースリリース

サンテンインクに対する提訴の件

2000年8月31日

  参天製薬(社長:森田隆和、本社:大阪市)の米国子会社サンテンインク(社長:マーウィン ハンセン、本社:米国カリフォルニア州 ナパ)(Santen Incorporated、Merwin J. Hansen  、Napa, CA )は2000年8月28日(米国時間)、アラガンインク(社長:デビット  パイオット、本社:米国カリフォルニア州  アーバイン)( Allergan Inc 、David.E.I. Pyott 、Irvine, CA )より特許侵害にあたるとしてカリフォルニア地区米国地方裁判所に提訴され、本日訴状を受領致しました。


事実関係について

   第一製薬ならびに参天製薬はアラガンインクに対し、オフロキサシンに関する第一製薬所有の特許に基づき、米国におけるオフロキサシン点眼液の製造・販売に関わる独占的実施権を許諾しています。アラガンインクは、サンテンインクによる米国でのレボフロキサシン点眼液の販売が、当該実施許諾を受けたオフロキサシン点眼液の特許に対する侵害行為にあたるとしてサンテンインクを訴えたものです。



弊社見解について
   アラガンインクの主張は根拠がなく、本訴訟により、サンテンインクの米国におけるレボフロキサシン点眼液(商品名:クイクシン TM )の発売計画に何ら影響を受けるものではないと考えております。

以上

前ページ  |  次ページ

ページトップへ