目のかゆみの発生をおさえるために知っておいてほしいこと

目のかゆみ

花粉やそのほかのアレルギー等

目がかゆいと我慢できずこすってしまう前に、
適切なケアをしましょう。

アプリの詳細はこちら

目のかゆみの発生をおさえるために知っておいてほしいこと

1 )アレルギー性結膜炎による、くりかえす目のかゆみと日常生活への影響

かゆくて目をこすると、またかゆくなる。そんな経験ありませんか?
くりかえす目のかゆみ

くりかえす目のかゆみは、生活の質をさげる可能性が報告されました。

目のかゆみの日常生活への影響

※ 生活の質は、「勉強・仕事・家事の支障」、「疲労」、「倦怠感」、「イライラ感」の程度を点数化し、合計したもので評価。
深川和己 他:アレルギーの臨床, 39, 825 (2019)

2 )目のかゆみの発生をおさえるためのセルフケア

目のかゆみの発生をおさえるために大切なことの一つはセルフケアです。

抗原(花粉・ダニなど)を回避・除去するためのセルフケア

  • 眼鏡などを着用し、抗原が目に入らないようにします。 眼鏡などを着用
  • 洗眼薬で、目に入った抗原を洗い流します(洗眼)。 人口涙液洗眼
  • 室内の環境を整えて、抗原を取り除きます。 抗原を取り除く
  • 抗原が花粉の場合は、室内に持ち込まないようにします。 花粉を室内に持ち込まない

イラストは一例です

角環 眼科ケア, 10, 108 (2008)より作成

3 )くりかえす目のかゆみの原因の一つになり得る、かゆいとき点眼

用法(回数・タイミング)通りに点眼せず、かゆくなってから点眼していませんか?
用法通りではない点眼

用法(回数・タイミング)通りに点眼しない患者さんでは、用法通りに点眼する患者さんに比べて、生活の質が低下していたことが報告されました。

※ 生活の質は、「勉強・仕事・家事の支障」、「疲労」、「倦怠感」、「イライラ感」の程度を点数化し、合計したもので評価。
深川和己 他:アレルギーの臨床, 39, 825 (2019)

【調査方法】

眼科で季節性アレルギー性結膜炎と診断され、用法が1日4回の抗ヒスタミン点眼薬を処方された患者1,008人(男性389人、女性619人)を対象としたWebアンケート調査(2019年3月実施)で、「症状が楽なとき」、「シーズン中おおむね」、「症状がひどいとき」のいずれの状態においても、「点眼回数が1日4回」かつ「かゆみの有無にかかわらず、だいたい決まった時間に点眼する」と回答した人を「用法遵守群(用法通りに点眼する患者)」と定義し、それ以外を「用法逸脱群(用法通りに点眼しない患者)」と定義した。 生活の質は、「日本アレルギー性結膜疾患標準QOL調査票」に準じて「勉強・仕事・家事の支障」、「疲労」、「倦怠感」、「イライラ感」の程度を点数化し、合計したもので評価した。

4 )目のかゆみの発生をおさえるための用法通りの点眼

かゆみを感じる回数を少なくするためには、かゆい時に点眼するのではなく、治療期間中は症状があってもなくても、決まった回数・タイミングで抗アレルギー点眼薬の点眼を続けることが大切です。

用法通りの点眼

5 )ライフスタイルに応じた用法通りの点眼

かゆい時に「かゆみ止め」として点眼するのではなく、「かゆみの発生をおさえるため」に治療期間中は用法通りの点眼をライフスタイルに応じて続けましょう。
ライフスタイルに応じた、用法通りの点眼の一例

6 )その他の治療

<初期療法>

抗アレルギー点眼薬を花粉飛散予測日の2週間程度前か、もしくは花粉症の症状が少しでもあらわれた時点で使用を開始します。早めに薬を使用することで花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすくなり、症状を抑えた状態でシーズンを送ることができます。

<ステロイド点眼薬>

花粉飛散量が増えて症状が悪化してきたら、ステロイド点眼薬を用いる場合があります。ステロイド点眼薬を用いる場合は眼圧上昇などの副作用を確認するために定期的に検査します。

おすすめの目薬・洗眼薬