考え抜かれた 成分配合が効く 目の炎症・眼病予防に サンテメディカルG(第2類医薬品) 目の疲れ・目の充血に サンテメディカル10(第2類医薬品)

メディカルシリーズブランドTOP > アイケア情報 > 毛様体筋疲労の原因

毛様体筋疲労の原因。考え抜かれた配合成分が効く。参天製薬サンテメディカルシリーズ。

毛様体筋が疲れる原因はさまざまで複雑ですが、目を使う時間が長いことや、近視・遠視・乱視・老眼、不適切なメガネ・コンタクトレンズの使用が、その主な原因です。

原因(1)長時間近くを見る

原因(1)長時間近くを見る

パソコン作業や、テレビモニター、携帯電話、スマートフォンなどの凝視、細かい手作業など、近くのものを見るとき、目の毛様体筋は水晶体を厚くしてピントを合わせています。このときの毛様体筋は緊張した状態ですので、作業が長時間にわたると負担が大きくなり、毛様体筋疲労を起こします。

原因(2)ピント調節機能がうまくいかない

原因(2)ピント調節機能がうまくいかない

近視・遠視・乱視・老視(老眼)の方で、メガネやコンタクトレンズを使っていない、あるいは使っていても適切に矯正されていない場合、ピント調節のために毛様体筋が酷使されています。また、歳をとるにつれ、水晶体が硬くなっていきますが、毛様体筋はピントを合わせようとしてはたらくので、疲れやすくなります。

原因(3)ストレスがある

原因(3)ストレスがある

目を酷使しているわけでもないのに、ちょっとしたストレスで自律神経のバランスを崩し、血液の流れが悪くなったり、目を保護する涙の量が少なくなったりして、ピントが合わなくなることがあります。ストレスによって、ピントが合わないと感じるようになると、それ自体がストレスになって悪循環に陥る可能性があります。