考え抜かれた 成分配合が効く 目の炎症・眼病予防に サンテメディカルG(第2類医薬品) 目の疲れ・目の充血に サンテメディカル10(第2類医薬品)

メディカルシリーズブランドTOP > 眼科専門医が教える角膜ダメージのこと > 角膜ダメージとは

角膜ダメージとは。考え抜かれた配合成分が効く。参天製薬サンテメディカルシリーズ。

1.角膜は傷つきやすいものなのです。

角膜は、いわゆる「黒目」の部分で、厚さ約0.5mmの透明な膜です。直接外界と接しているため、敏感で、傷つきやすい組織です。
角膜は、外界の刺激や病原体の侵入から眼球を保護し、適度な水分量を保つことで角膜自体の透明性を維持しています。また、健常な視力を保持しようとする機能もあります。
コンタクトレンズの使用、紫外線、乾燥、目を強くこすってしまうことなどにより、角膜にダメージが起こると、目の表面がヒリヒリ・チクチクしたり、乾いた感じがすることがあります。

目の正面図/目の断面図

2. 角膜ダメージの3つの大きな原因。

原因1:目が乾く

涙液は目の表面を覆い、角膜を保護しています。このため、次のようなことで涙液が少なくなると、目の表面を保護できなくなり、角膜が傷つくことがあります。

  • パソコン作業、スマートフォンなどの携帯端末の操作、テレビ鑑賞などが長時間にわたる
  • コンタクトレンズを使用している
  • 周りの空気が乾燥している(室内でエアコンを使っている、風が強い屋外にいるときなど)

原因2:紫外線やその他の光線

紫外線やその他の光線による刺激で、角膜の表面の細胞が傷つくことがあります。紫外線が原因の場合、紫外線にさらされて数時間経ってからチカチカする・まぶしいといった症状(雪目、目の日焼けなど)が現れ、1〜2日間続きます。

原因3:外傷や異物混入、コンタクトレンズ障害

外傷、異物混入、コンタクトレンズ障害といった外的な原因で、角膜ダメージが起こります。目がゴロゴロする、痛い、充血する、涙が出るなどの症状が出ます。