一般用医薬品(目薬)の主な成分一覧

充血除去成分

塩酸テトラヒドロゾリン

血管を収縮させて、結膜の充血を抑えます。

ナファゾリン塩酸塩

血管を収縮させて、結膜の充血を抑えます。

調節機能改善成分

ネオスチグミンメチル硫酸塩

神経伝達物質(アセチルコリン)の分解を抑えて、低下したピント調節筋(毛様体筋)の働きを改善します。

消炎・収れん成分

イプシロン-アミノカプロン酸

炎症の原因となっているプラスミンの産生を抑え、目の炎症を抑えます。

アラントイン

炎症を抑え、角膜上皮の修復を促します。

グリチルリチン酸二カリウム

アレルギー原因成分の放出を抑えて目の炎症を抑えます。

硫酸亜鉛水和物

結膜粘膜の蛋白と結合して被膜をつくることで、収れん作用と消炎作用を示します。

抗ヒスタミン成分

クロルフェニラミンマレイン酸塩

ヒスタミンの作用をブロックして、発赤、浮腫、かゆみなどのアレルギー反応による炎症症状を改善します。

ビタミン成分

ビタミンB12(シアノコバラミン)

長時間にわたる目の酷使等によってピント調節機能の低下した毛様体筋や末梢神経に作用して、その働きを改善して目の疲れを緩和します。

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)

疲労した末梢神経の機能を高めて、目の組織の新陳代謝を促し目の疲れを緩和します。

パンテノール

糖や脂質の代謝に関与してエネルギーを産生し、疲労回復を促進します。新陳代謝を促進することで組織修復作用や角膜の組織機能を高め、目の疲れや目のかすみを緩和します。

天然型ビタミンE(酢酸d-α-トコフェロール)

過酸化脂質の増加を抑えて、眼組織の障害から守ります。血流を良くして眼組織へ酸素や栄養補給を促し、目の疲れ、目のかすみを改善します。

アミノ酸類成分

L-アスパラギン酸カリウム

エネルギーの産生を高めて目の組織の呼吸を促し、組織代謝を促進します。

タウリン

眼組織の栄養物として組織を活性化、目の疲れや眼病回復促進に役立ちます。

コンドロイチン硫酸エステルナトリウム

角膜の組成成分で、角膜の透明性維持や角膜損傷の修復作用があります。また、水分を保持する機能によって、涙を角膜上に留めて角膜を外界の刺激から保護する働きがあります。

抗菌成分

スルファメトキサゾール

細菌が必要な葉酸合成を抑えて細菌の発育・増殖を抑え、抗菌作用を発揮します。細菌感染による結膜炎・麦粒腫(ものもらい)・眼瞼炎に有効です。

無機塩類成分

塩化カリウム

涙液の構成成分です。涙液不足による目の乾きや目の疲れ感を緩和します。

塩化ナトリウム

涙液の構成成分です。涙液不足による目の乾きや目の疲れ感を緩和します。

粘稠成分

ポビドン

ポビドンは水分を包み込んでコンタクトレンズ表面に潤いの膜をつくります。特に使い捨てコンタクトレンズによく馴染み、レンズ装用による不快な症状を緩和します。

抗アレルギー成分

クロモグリク酸ナトリウム

肥満細胞から放出されるヒスタミンは神経や毛細血管に作用して、かゆみや充血を起します。クロモグリク酸ナトリウムは肥満細胞からのヒスタミンの放出を抑えて、アレルギー症状(目のかゆみ、充血など)を改善します。

目の情報ポータルへ戻る