いちばんのうるおいを選ぼうキャンペーン
なみだで守る季節のひとみケア

  • 製品の特長
  • コンタクトレンズの目の疲れ
  • こんなとき、こんな方に

私たちがものを見るとき、目はカメラのレンズにあたる水晶体の厚さを調節してピントを合わせています。このコントロールに関わっているのがピント調節筋と呼ばれる「毛様体筋」。とくに、コンタクトレンズユーザーの目の疲れには、この毛様体筋が大きく影響しています。

目を守り、酸素を届ける。

水晶体の厚さを調節する毛様体筋。遠くを見るときは、毛様体筋が緩むことで水晶体を薄くしてピントを合わせます。一方、近くを見るときは、毛様体筋が緊張(収縮)して水晶体を膨らませてピントを合わせます。パソコン作業や細かい手仕事などのように長時間近くをじっと見る場合、毛様体筋はずっと緊張し続けることになり、これが筋肉疲労を起こしてコリを感じさせることになります。長時間、同じ姿勢を続けていると筋肉が疲労してだるさやコリを感じるのと同じです。

「ソフトサンティア ひとみストレッチ」は、
?@ピント調節機能の低下した毛様体筋や末梢神経に作用して、その働きを改善し疲れを緩和する「ビタミンB12」
?A自律神経伝達物質(アセチルコリン)の分解を抑えて、毛様体筋に働きかけて活性化し副交感神経から毛様体筋への指令伝達を改善する「ネオスチグミンメチル硫酸塩」
これら2つの成分を、最大濃度配合*2
さらに、目の組織の新陳代謝を促し疲れを緩和する「ビタミンB6」も最大濃度配合*2しています。

目の汚れを洗い流す。

近くを長時間見続けることで起きる毛様体筋の疲労。
コンタクトレンズを装着して焦点調節を行っている場合には、さらに毛様体筋を酷使することになります。
また、涙の状態が不安定になりがちなため、いっそうピントがあいにくくなることもあります。加えて、まばたきの回数も少なくなるため、とくに目の乾きを感じやすいコンタクトレンズユーザーにとってはツラい状況といえます。

  • *1:ネオスチグミンメチル硫酸塩・ビタミンB12
  • *2:一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度
                           
  • 製品の特長
  • コンタクトレンズの目の疲れ
  • こんなとき、こんな方に