知ってナットク!緑内障

緑内障について

緑内障にはどんな種類があるのですか?
緑内障の90%以上を占めるのは原因不明の原発緑内障で、そのうち原発開放隅角緑内障は男女を問わず40歳以上に最も多いタイプです。

緑内障の種類を大きく分けると、原因がはっきり分からない原発緑内障、他の病気に引き続いて起こる続発緑内障、隅角の先天的な異常のため起こる発達緑内障の3つがあります。

一般的に緑内障と呼ばれているのは、原発緑内障のことです。

原発緑内障は、さらに房水の排出路が目詰まりすることで起こる原発開放隅角緑内障(広義)と隅角が塞がることで起こる原発閉塞隅角緑内障の2つのタイプに分けられます。

緑内障の種類

緑内障の90%を占める原発緑内障の中でも、徐々に症状が進行する原発開放隅角緑内障の人が最も多いのです。

緑内障について 目次へ戻る