知ってナットク!緑内障

緑内障について

どれくらいの人が緑内障になるのですか?
最新の疫学調査から、40歳以上の日本人のうち20人に1人は緑内障と診断されました。また、高齢者ほど緑内障になる割合は増加します。

2000年9月〜2001年10月に岐阜県多治見市で40歳以上の一般市民に対して、緑内障の疫学調査が行われた結果、緑内障患者さんの割合が20人に1人と、予想をはるかに超えた患者さんが存在することが分かりました。

また、新たに緑内障と診断された方は89%にのぼり、わが国では未治療の緑内障患者さんが多数存在していることが明らかとなりました。

全緑内障年代別有病率

40歳は緑内障になる方が増えていく境目となる年齢です。

緑内障について 目次へ戻る