糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症

自覚症状がないまま進行して、最悪の場合、失明にいたる病気です。
糖尿病と診断された人は、眼科も受診しましょう。

糖尿病網膜症の治療方法

糖尿病網膜症は、完全に治すことのできない病気です。治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。

  • 初期
    糖尿病自体の治療と同様、血糖(血液中の糖分量)をコントロールすることが重要です。
  • 中期
    新生血管の発生を防ぐために、レーザーで眼底を焼く「レーザー光凝固術」が行われます。
  • 末期
    併発した網膜剥離の外科治療などが行われます。

糖尿病網膜症は、自覚症状が出てからでは治療の範囲が限られてしまいます。
糖尿病の診断を受けた人は、自覚症状がなくても、眼科を受診して目の健康状態を定期的に調べる必要があります。

眼科医院検索

駅/市区町村から探す
フリーワードで検索
駅/市区町村から探す
現在位置から探す