白内障とは

人の目は、よくカメラに例えられますが、カメラのレンズに相当するのが水晶体です。外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし様々な原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して、濁ってくることがあります。これが「白内障」です。

目の中で何が起こっている?

  • 健康な目
  • 白内障の目

水晶体は凸レンズの形をしていて、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。しかし、白内障で水晶体が濁ると光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

白内障の症状

白内障では目の中の水晶体が濁ることにより、視力は低下します。水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状は様々です。主な症状としては「目がかすむ」といったものですが、次のような症状があれば白内障の疑いがあります。また白内障だけでは痛みや充血はありません。

  • 目がかすむ
  • 視界が暗く感じる
  • ぼやけて見えにくい
  • 視力が落ちる メガネが合わなくなる
  • 二重三重にだぶって見える
  • 光がまぶしい 明るいところでみえにくい
※写真はイメージです。

白内障が進行すると

水晶体の濁り方は一人ひとり違いますが、水晶体の周辺部(皮質)から濁りが始まる場合と、中心部(核)から濁りが始まる場合があります。中心部が透明であれば視力に影響が出ることは少ないですが、中心部が濁ると「まぶしくなる」「目がかすむ」「くすんだように見える」ようになります。さらに進行すると周辺部も中心部もどちらも濁り、瞳孔(黒目)部分が白くあるいは黄色く見えるようになります。見えにくいなと思ったときには眼科に行き、相談しましょう。

※写真はイメージです。

白内障の原因

白内障は様々な原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁っていきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

加齢

白内障の主な原因は「加齢」だといわれています。加齢に伴って眼内に老廃物が蓄積すること、また、水晶体の内部が酸化・糖化することなどが原因で、白内障が起こるといわれています。加齢を原因とする白内障は、ゆっくりと進行します。

その他の原因

アトピー性皮膚炎や糖尿病などの全身疾患やほかの眼の病気の合併症として発症する併発白内障。その他、先天素因、胎内感染、全身疾患など様々な原因によって生後早い時期に白内障になる先天(発達)白内障。目のけがや薬剤の副作用から白内障を起こす場合もあります。

他の病気に併発するもの※ 先天的なもの 薬の副作用 外傷性
※糖尿病、アトピー性皮膚炎などの病気を原因とする白内障

眼科医院検索

駅/市区町村から探す
フリーワードで検索
駅/市区町村から探す
現在位置から探す

白内障ミュージアム 目次