マテリアリティとサステナビリティ方針

Santenは、「天機に参与する」という基本理念のもと、社会の持続的な発展に貢献するとともに、持続的な成長を目指します。

Santenのマテリアリティ

経営の重要課題(マテリアリティ)

「STRATEGY」と「ESGマテリアリティ」が、Santenにとっての経営の重要課題(マテリアリティ)です。

Santenは、「天機に参与する」という基本理念のもと、Santenが目指す理想の世界として、「Happiness with Vision」というWORLD VISIONを策定しました。世界中の一人ひとりが、「見る」を通じた体験により、それぞれの最も幸福な人生を実現する世界を創り出したいという思いが込められています。WORLD VISIONの実現を目指し、2030年とその先に向けてSantenのありたい姿を示したのがSanten’s VISIONです。Santenは、世界中の技術や組織・人材をつなぎ、社会にイノベーションをもたらすことで、「見る」を通じて人々の幸せを実現する、という意味を込め、「Become A Social Innovator」を掲げています。Santen’s VISIONとGOALを達成するための具体的なSTRATEGY(戦略)として「Ophthalmology」(眼科医療への貢献)「Wellness」(健康な目の追求)「Inclusion」(共生社会の実現)の3つの戦略を実行していきます。このWORLD VISIONとSanten’s VISIONは、企業が社会課題の解決に対応することで、経済的価値と社会的価値をともに創造しようとするアプローチであるCSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)の観点から策定したものです。
一方、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点から、社会課題を解決することで社会の持続的発展に貢献すること、さらには中長期的な企業価値向上につなげることを目的に、「製品・サービスの信頼性維持・向上」「価値創造を促進する組織風土の醸成」「ガバナンス強化・腐敗防止」「地球環境保全」の4つをESGマテリアリティとして特定しました。3つのSTRATEGY(戦略)と4つのESGマテリアリティを、Santenにとってのマテリアリティ、つまり経営の重要課題として位置づけています。
また、国連加盟国が採択した持続可能な開発目標(SDGs)では2030年までに達成すべき17の目標が掲げられています。マテリアリティに取り組むことにより、目標3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」をはじめとしたSDGsの達成に貢献していきます。

マテリアリティ特定のプロセス

  • ステップ1:社会課題の抽出
    国連グローバルコンパクトの10原則やSDGsなどの国際的なガイドライン、サステナビリティ評価機関からの調査項目などを踏まえて、社会課題を広範にリストアップしました。
  • ステップ2:社会課題の優先順位付け
    社会にとっての重要度と当社にとっての重要度の2軸で総合的に評価し、優先順位の高い項目に絞り込みました。
  • ステップ3:長期ビジョン「Santen 2030」の3項目をマテリアリティに融合
    2030年とその先を見据え、人々の目の健康に関する社会的な課題の解決に戦略的に取り組むために策定した「Ophthalmology」(眼科医療への貢献)「Wellness」(健康な目の追求)「Inclusion」(共生社会の実現)をSantenのマテリアリティとして抽出しました。
  • ステップ4:妥当性の確認
    策定プロセスおよび抽出したマテリアリティについて、マネジメント層を含めた社内での議論に加え、有識者や投資家など社外のステークホルターとダイアログを実施し、妥当性を確認しました。
  • ステップ5:マテリアリティの特定
    取締役会での議論を経て3つのSTRATEGY(戦略)と4つのESGマテリアリティをSantenのマテリアリティとして特定しました。取り組みの進捗や社会環境の変化等を踏まえて、定期的に見直していきます。

サステナビリティ方針

CSVの観点から策定したWORLD VISONとSanten’s VISIONにESGの観点を踏まえサステナビリティ方針を制定しました。基本理念に基づき、社会の持続的な発展に貢献するとともに、Santenの持続的な成長を目指すことを示しています。

サステナビリティ方針

Santenは「天機に参与する」という基本理念のもと、社会の持続的な発展に貢献するとともに、持続的な成長を目指します

ESGマテリアリティ

4つのESGマテリアリティは、社会の持続的な発展に貢献することとSantenの中長期的な企業価値向上を目的としています。具体的な活動に落とし込むため、12の課題に分けて活動を推進するとともに、取り組み状況を開示しています。

ESGマテリアリティ 課題 主な取り組み
(現在取り組んでいることに加え、今後取り組むことも含みます)
製品・サービスの信頼性維持・向上

品質・安全性の確保と適切な供給体制の確立
  • 品質保証
  • ファーマコビジランス(医薬品安全性監視)
  • 薬事対応強化
  • 製品の安定供給
  • リコール時の製品回収体制の確立
  • 偽造医薬品対策
製品・サービスに関する適切な情報提供
  • 安全性情報の一元管理と適切な提供
  • 責任あるマーケティング・広告・販売の推進
  • 医薬品・医療機器のプロモーション基準遵守
  • 医薬品の適正使用の推進
サプライチェーンの評価・管理
  • サプライチェーン調達方針の策定
  • サプライヤーのモニタリング・管理
  • サプライチェーン全体での社会課題解決に向けた取り組み
  • サプライヤーにおける強制労働・児童労働の撤廃と腐敗防止の徹底
価値創造を促進する組織風土の醸成


ダイバーシティ&インクルージョンの推進
  • ダイバーシティ&インクルージョン方針の策定と実行
  • 属性による差別のない各人の能力発揮の場の提供
  • 特例子会社を含めた障がい者の活躍推進
高付加価値で生産性の高い職場環境の構築
  • 従業員の健康・メンタルヘルスの増進
  • 長時間労働の防止
  • 職場の安全衛生活動
  • 労働災害の防止
  • 安全衛生リスクアセスメント
  • 安全衛生の第三者認証
人材の育成
  • サンテン・リーダシップ・コンピテンシー(SLC)による人材育成の促進
  • 個の能力を高めるための全社的教育プログラムの推進
  • 従業員満足度/エンゲージメント調査の実施
ガバナンス強化・腐敗防止

コーポレート・ガバナンス
  • 取締役会議長の独立性確保
  • 取締役会の多様性確保
  • 取締役/監査役の略歴/専門性/報酬の開示
  • 報酬委員会の独立性/有効性確保
  • 税務方針の開示
コンプライアンス
  • 「参天企業倫理綱領」の実践
  • コンプライアンス教育の実施
  • 「コンプライアンス相談・通報窓口」「社外ヘルプライン」の運用
  • 腐敗防止(贈収賄・汚職・反競争的な商習慣の防止)
リスクマネジメント
  • リスクアセスメントの実施
  • 想定リスクに対する体制の整備とトレーニングや研修等の実施
  • 事業継続計画(BCP)の策定
  • 情報セキュリティ対策の強化
人権の尊重
  • 人権方針の策定
  • 人権デュー・デリジェンスの実施
地球環境保全

気候変動対策
  • TCFDの賛同、SBT承認取得
  • CO2排出の削減
  • サプライチェーンのCO2排出量の把握
  • 再生エネルギーの利用増加
  • 気候変動のリスク/機会の特定
  • CO2排出・エネルギー消費データの第三者保証
環境負荷低減
  • プラスチック廃棄物の削減
  • 廃棄物排出量の削減
  • 有害物質の排出管理
  • リサイクルを含む水使用量の削減・効率化

CSR推進体制

Santenグループでは、社長兼CEOを委員長とし関連部門の執行役員で構成されるCSR委員会を設置しています。基本理念やCSR基本方針、グループの戦略、社会課題などを踏まえ、CSR活動に関するグループ全体の方針・目標を設定するとともに、活動推進状況をモニタリングしています。
2019年度は、マテリアリティの特定とサステナビリティ方針の策定に着手しました。今後は、CSR基本方針に変わりサステナビリティ方針に基づき、取り組みを進めていきます。
CSR委員会では、事業を通じたSantenならではのCSR、つまりCSVに関連する3つと、持続的成長を支える取り組みに関する5つ、合計8つの活動項目に対し、目標を設定し、進捗管理をしています。

CSR委員会活動項目

    活動項目 2020年のゴール
事業を通じた参天ならではのCSR 1 「事業活動を通じたCSR」社内外への発信強化 考え方・事例の発信が強化され、社員・顧客の参天に対するエンゲージメント向上につながる
2 グループ共通オンボーディングプログラム整備 すべての参天グループ社員が等しく理解しておくべきことを、入社時に学んでいる
3 視覚障がい者スポーツを通じた社会への貢献 広く社会貢献のモデルケースとして日本国内で定着し、さらに、海外へも展開している
持続的成長を支える取り組み 4 倫理綱領・コンプライアンスの徹底 すべての参天グループ社員が参天企業倫理綱領を理解し、行動するよう、グループとして効果的なコンプライアンス教育が徹底されている
5 取引先を含むCSR推進 国際規範に基づいた当社のCSRに対する考え方を取引先との共有、取引先における対応の確認等が行われ、事業継続上のリスク低減、ステークホルダーからの信頼獲得につながっている
6 ダイバーシティ推進 性別・国籍等をはじめとした基本的なグループ実態が把握と開示、ダイバーシティ方針、グループ目標が制定され、グループをあげての取り組みの結果、人材ダイバーシティが高まっている
眼科に特化したリーダー企業として、視覚に障がいのある人を雇用し、多くの社員がともに働いている
7 グループでの環境保全活動推進 中期目標に基づきすべての主要な事業場で活動が推進、モニタリングされており、参天グループ全体として、着実に環境保全責任が果たせている
8 基本理念に基づいた企業市民活動 グループ共通の寄付規程を整備、グループ内の状況が把握できる体制等が整備され、参天グループのすべての国・地域において基本理念に基づいた企業市民活動が行われ、情報も発信されている