基本理念

天機に参与する(※) 肝心な事は何かを深く考え、どうするか明確に決め、迅速に実行する。 「目」をはじめとする特定の専門分野に努力を傾注し、これによって参天ならではの知恵と組織的能力を培い、患者さんと患者さんを愛する人たちを中心として、社会への寄与を行う。※中国の古典、四書五経の1つである「中庸」の一節「天地の化育を賛く可ければ、則ち以って天地と参となる可し」を参天が独自に解釈したもので、社名「参天」の由来でもあります。自然の神秘を解明して人々の健康の増進に貢献するということを意味しています。

参天製薬は、眼科領域に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、人々の「ひとみ」と「からだ」の健康維持・増進に寄与しています。私たちが行う事業活動、社会活動のすべては、社名の由来でもある「天機に参与する」という基本理念に基づいています。従業員一人ひとりが参天製薬の一員としての自覚を持ち、理念を理解し、自ら考え、実行することで、患者さんと患者さんを愛する人たちを中心に、広く社会への貢献を果たすことを使命と考えています。

組織の原則

参天製薬のあるべき姿、守るべきこと

ビジョンをもって

参天製薬は、自らの存在意義を高め、持続的に成長するためのビジョン・戦略を持ち、実行し、実現します。

顧客の視点

参天製薬は、患者さんと患者さんを愛する人たちの視点で考え、自由闊達に、実質的・本質的に、議論できる場を大切にします。

創造と革新

参天製薬は、製品・サービス・プロセスを創造し、また、世界の優れたものを積極的に学び応用することによって、時代を先取りする革新を実現します。

社員の成長

参天製薬は、基本理念への共感と、行動原則の自発的な実践を、社員の育成および評価の基軸として、社員の成長を支援します。

社会との調和

参天製薬は、企業としての社会的責任を自覚し、事業遂行にあたって社会と調和する組織行動をします。

個人の行動原則

従業員一人ひとりが目指すこと

誠実に行い、信頼を得る

社会人としての責任を自覚し、誠実に仕事を行い、周囲の信頼を得ます。

顧客志向で考える

患者さんと、患者さんを愛する人たちの視点で、常に自分が何に挑戦すべきか考えます。

専門性を身につける

自分の仕事の課題を解決するために必要な専門的知識・技能を、自ら進んで身につけます。

革新を迅速に

変化をいとわず、改善・改革を継続的に提言し、迅速に実行します。

連携と協働

多様性を認め合い、連携し協働することを通じて、仕事の質を高め、顧客からの満足を得ます。