コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

参天製薬は、企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させるために、コーポレートガバナンスの充実・強化が不可欠であると考えています。
当社は、監査役会設置会社を選択しており、今後も現在の制度を活用し、コーポレートガバナンスの充実・強化に取り組んでまいります。
まず、取締役会の機能は、重要な業務執行に関する意思決定を行うこと、経営陣・取締役の業務執行を監督することにあり、当社では、経営の意思決定を迅速かつ適切に行うことに重点をおいた運営を行ってまいります。
社外取締役には、多様な経験・知識を生かし、取締役会において個々の経営課題等の意思決定に積極的に参画することを期待しています。また、経営監視機能強化の観点からの意見も求めてまいります。
また、当社は社内・社外取締役で構成される任意の委員会である「戦略審議委員会」、「指名委員会」、「幹部報酬委員会」の設置、マネジメントの強化と業務執行のスピードの向上を図るための執行役員制度の採用などを実施しており、経営の透明性・客観性の向上を目指してまいります。
監査役は、監査役室の活用や内部監査室との連携等により、取締役会および執行部門に対し、適法性と合わせ妥当性・有効性も視野に入れた監査を実施し、その機能強化を図ってまいります。

企業統治体制

企業統治体制

経営体制

参天製薬取締役会は、法令に定めのある事項に加え、グループの経営方針、経営戦略、事業計画、重要な財産の取得や処分、重要な組織・人事に関する意志決定、当社及び子会社における業務執行の監督などを行っています。さらに、審議機関として社内外の取締役で構成される3つの委員会を設置し、経営の透明性・客観性向上に努めるとともに、執行役員制度の採用によりマネジメントの強化と業務執行のスピードアップを図るなど、コーポレート・ガバナンス体制の強化に取り組んでいます。

監査体制

参天製薬では監査役制度を採用しており、内部監査担当部署との連携により、監査の実効性・効率性を高めています。監査役会は社外監査役を含め4名で構成され、監査役は監査方針や監査計画を策定。取締役会やその他の重要会議に出席するほか、本社、主要事業所、子会社における業務及び財産の状況調査等を通じて、取締役の業務執行を監査しています。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

ガバナンス報告書