研究・開発

グローバル体制

日・米・欧・アジアに広がるネットワークで、世界の医療ニーズに応える。

基礎研究から発売まで10年以上という長い年月を要する新薬づくり。患者さんの「不安」を1日も早く「希望」に変えるためには、研究・開発プロセスにおける作業の効率化が大きな課題となります。参天製薬では、創薬研究及び臨床開発をグローバルの参天グループや関係機関で展開。グローバルな医療ニーズに合致した製品を、より早く創出し続ける体制を強化しています。

研究分野では、社内的には、奈良研究センターに基礎研究、非臨床試験、製剤研究の各機能を集約することで各部門の英知を結集し、より良い製品の創出に努めています。また、意志決定の迅速化を図る一方、社外に対しては、独自のネットワークを通じ、外部機関とも情報交換や共同開発が行える協力体制を構築。さらに、2011年には、ドライアイ領域で優れた研究開発力と製剤技術を持つフランスの眼科医薬品会社サンテン・エス・エー・エス社を買収し、眼科領域でより国際競争力を高める開発パイプラインの実現につなげています。

臨床開発においては、グローバル臨床開発の基点を臨床試験の短縮化が見込める米国(サンテン・インク)に置き、前期臨床開発を米国で、後期臨床開発を日・米・欧、並びに中国をはじめとするアジア主要国や新興国で行う体制を整備。開発の高質化、効率化への動きを加速させています。

  • 奈良研究開発センター奈良研究開発センター
  • サンテン・エー・エス・エーサンテン・エス・エー・エス
  • サンテン・オイサンテン・オイ
  • サンテン・インクサンテン・インク

参天製薬の研究開発体制

研究開発戦略

世界の眼科医療の未充足ニーズを満たす製品創製を追求しています。

参天製薬は、眼科領域に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、患者さんの目の健康を守るために、未充足ニーズに対応し、QOL向上に大きく貢献する製品の創出に努めています。当社は、患者さんのQOL向上に注力することで、患者さんのみならず、眼科医や医療関係者をはじめとした重要なステークホルダーの期待にも応えていきます。

中期経営計画「MTP2020」では、「製品パイプラインの拡充、および新たな治療オプションの開発」を重点戦略として掲げています。従来からの医薬品開発に加え、ネットワーク製品創製(※1)を活用し、治療成果を最適化する挑戦的な新しい技術への取り組みも始めています。例えば、シンガポールアイリサーチインスティテュート( SERI )と共同で製剤開発している近視患者さんを対象としたDE-127や、緑内障患者さんを対象としたDE-128(MicroShunt)など、これらの製品創製を通じて、世界の未充足ニーズに応えていきます。また、臨床開発の精度を高め、患者さんの治療に貢献するために、トランスレーショナル・リサーチ(※2)を通じたバイオマーカーの探索(※3)や新しい診断方法の開発に取り組んでいます。既存製品についても、患者さんの一層の利便性の向上と負担軽減を目指し、製剤化技術を駆使した防腐剤フリー製剤の開発や、ドラッグデリバリーシステム(※4)の活用、容器の改良に努めています。

研究開発戦略

※1
社外に存在する化合物や技術を積極的に活用し、製品創製に応用する手法
※2
基礎研究・臨床研究・診療をつなげて、医療発展に寄与する成果を効率的・効果的に実用化させる橋渡し研究
※3
病気の存在や進行度などを識別するため、生体情報を客観的に測定・評価する指標
※4
必要な薬効成分を、必要な時間に、必要な部位へ送達させるように工夫された製剤技術

開発パイプライン

患者さんの未来のために、世界の知と技術を結ぶ。

参天製薬では、「ネットワーク型創薬」やグローバルな研究・開発体制の強化に向け、世界の患者さんのために、新薬の開発を共に目指す製薬企業や大学、各種研究機関とのパイプラインを強化しています。こうしたパイプラインを通じ、現在、重症ドライアイ、緑内障、糖尿病黄斑浮腫、治療選択肢の少ないぶどう膜炎などの新薬が創出されつつあります。

当社が現在実施している臨床開発に関わる情報は下記非営利団体のホームページに公開します。

開発パイプライン

国内 日本医薬情報センター 臨床試験情報データベース別ウィンドウ
(英名 / 略名:Clinical Trials Information / JapicCTI)
海外 米国国立医学図書館 臨床試験データベース別ウィンドウ

公的研究費の管理

管理体制

当社は、文部科学省等が定める「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」等に基づき、以下の責任体制のもと、公的研究費の適正な運用及び管理を推進しています。

役割 職名
最高管理責任者 代表取締役社長
統括管理責任者 研究開発本部長
コンプライアンス推進責任者 公的研究費の配分を受ける研究開発を実行する部門のグループ長

告発等の相談・通報窓口

公的研究費の管理・運営に関し、不正の疑いなどご指摘やお問い合わせがございましたら、以下窓口までご連絡ください。通報の対象は、① 公的資金の不正使用(私的流用、目的外使用など) 及び② 研究活動全般における不正行為(研究データの捏造、改ざん、盗用など)です。

  • 調査へのご協力のお伺いや調査結果のご報告をさせていただく場合がございますので、できる限りご氏名・ご連絡先をお知らせくださいますよう、お願いいたします。通報者の保護は徹底いたします。
  • ご連絡いただきました個人情報は、不正に関する調査等に必要な範囲でのみ使用いたします。その他の目的で使用することはございません。
  • TEL
  • お問い合わせ」のページを参照の上、コールセンターまでお電話ください。
目薬ができるまで その1 [創薬]