スペシャリティ・カンパニー参天の強み

「目」のNo.1スペシャリティ・カンパニー

参天は、国内の医療用眼科薬市場で約40%のシェアを獲得しているNo. 1企業です。一般用眼科薬市場でも約20%という国内トップクラスのシェアを誇っています。近年、製薬業界は外資系企業の参入やM&Aなどにより競争が激化しています。その中で、参天が成長を続けられる理由。それは「スペシャリティ・カンパニー」という形態にあります。
かつて、医療用眼科薬領域は参入企業の少ない未開拓の領域でした。参天はその点に着目し、経営資源の「選択と集中」を行うことで、国内No.1のシェアと業界トップクラスの収益性を実現。現在では、日本を代表する「スペシャリティ・カンパニー」となりました。
今後、国内製薬企業は各特色を生かした形態にさらに分化していくことが予想されています。参天は、これからも「目」をはじめとする特定の専門分野に努力を傾注し「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現に挑戦し続けます。

製薬企業の4つの将来像
参天製薬について、さらに詳しく。

強みは、「スペシャリスト」×「ゼネラリスト」

参天が「スペシャリティ・カンパニー」となることで得た強み。
一つ目は、研究開発、生産、販売などの各部門が特定の専門分野におけるトップクラスの「スペシャリスト」を目指せることです。二つ目は、努力を傾注する分野を「選択と集中」しているからこそ、その専門分野に広く精通した「ゼネラリスト」を目指せることです。「スペシャリスト」=深さ、「ゼネラリスト」=広さ。この二つを両立していることが参天の強みと言えます。
現在も、長い歴史を通じて培ったその強みを生かし、競合への高い参入障壁を構築しながら、継続的な企業成長を実現しています。

スペシャリスト ゼネラリスト