参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

株主・投資家の皆さま

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャー(情報開示)の基本方針

株主・投資家の皆さまに対し、当社の経営方針や事業戦略、業績・財務に関わる情報を、分かりやすく公平かつ正確に提供することを基本方針としており、当社が株式上場する東京証券取引所、大阪証券取引所の定める適時開示規則に沿ってディスクロージャー(情報開示)を行います。

投資判断に影響を与える決定事実に関する情報、発生事実に関する情報、決算に関する情報といった有価証券の投資判断に重要な影響を与える事項が発生した場合、東京証券取引所、大阪証券取引所から照会があった場合、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合に、適時適切な情報開示を行います。

情報開示には、医薬品や開発新約の関連情報が含まれている場合がございますが、それらは宣伝広告や医学的アドバイスを目的にしているものではありません。

開示された情報は、予告なしに、情報の追加、変更、削除をさせていただく場合があります。

情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)等にて開示いたします。TDnetなどで公表した情報は、情報開示の適時性・公平性に配慮し、当ホームページに速やかに掲載します。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確、公正かつ迅速に開示を行います。

将来の見通しに関して

当社が株式上場している証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。また、ニュースリリース、当社の発行する書面、ホームページ記載内容、決算説明会やアナリストミーティング等における質疑応答等には、計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき参天製薬の経営陣が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき下さい。その詳細につきましては、将来予測に関する記述を参照ください。

風評に関する対応について

参天製薬では、市場での憶測、風評などに関してはコメントしないことを基本方針とします。しかし、それらの憶測、風評が資本市場に大きな影響を与えると当社が判断した場合、又、証券取引所その他の機関から説明などの対応を求められた場合においては、適時適切な対応を行うものとします。

沈黙期間について

決算情報など重要な会社情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するために、各四半期決算期日の翌日から当該決算発表日までを「沈黙期間」として設定しています。この期間中は決算に関わるお問い合わせへの回答やコメントを控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は、適時適切に開示します。なお、すでに公表されている情報に関するお問い合わせについては、この限りではありません。

制定年月日:2013年4月1日

ページトップへ