目の充血のケア

目の充血

目が赤いと、仕事のときや人に会うときに気になりますよね。
充血は目の不調を訴える大事なサインです。
きちんと原因を明らかにして、対処しましょう。

充血のケア

目の不調を訴えるサインを正しく理解して、目をいたわりましょう。

目にゴミやほこりが入ったとき、プールに入ったとき

目薬などで目に入った異物を洗い流すなどして、清潔に保ってください。

コンタクトレンズの調子がよくないとき

涙の成分に近い人工涙液タイプの目薬を点眼してください。それでも不快感や充血が続く場合は、コンタクトレンズの装用をやめて眼科を受診してください。

屋外で長時間紫外線を浴びたとき

炎症を抑える効果のあるグリチルリチン酸二カリウムやイプシロンーアミノカプロン酸の入った目薬を使用すると、紫外線による炎症が治まります。ただし、夏の海や山、冬の雪山へ行くときは、紫外線をカットするために、帽子やサングラスを活用しましょう。

病気の場合

  • アレルギー性結膜炎(花粉症):かゆみを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩やアレルギー作用を抑えるクロモグリク酸ナトリウムを配合した目薬を点眼してください。
  • 細菌性結膜炎:細菌の発育や増殖を抑えるスルファメトキサゾールの配合された目薬を点眼してください。

目を長時間酷使したとき、寝不足のとき

まずは食事と休養をしっかりとり、規則正しい生活を心がけてください。目に直接栄養を与えるために、パンテノールやタウリンの入った目薬を点眼するのも有効です。
もし、すぐに充血を取り除きたい場合は、塩酸テトラヒドロゾリンやナファゾリン塩酸塩という成分が入った目薬を使ってみてください。膨張した血管を収縮させる効果があるので、充血を鎮めてくれます。
白目が真っ赤になった場合はどうすればよいの?

白目が広範囲にべっとりと真っ赤になっている場合は、目の血管が破れて内出血を起こしている可能性があります。このような状態を「結膜下出血」と呼びます。通常は1~2週間で出血がひくので、安静にしていることが大切です。ただし、なかなか赤みがひかない場合や、血管の病気を持っている方は、眼科医に相談してください。

おすすめの目薬