疲れ目(目の疲れ)ケア

目の疲れ(疲れ目)

私たちは、情報の80~90%を目から得ているといわれ、
目を開いているだけでも「もっとよく見よう」と目を働かせています。

疲れ目のケア

目を酷使している場合

まずは、目の休憩と規則正しい生活を心がけ、目をいたわりましょう。

  • 食事と休養をしっかりとりましょう
  • 長時間の作業をする場合は、1時間おきに10分程度目を休めるようにしましょう
  • 疲れがたまったときは、蒸しタオルなどを当てて目を温めるとリラックスできます
  • メガネやコンタクトレンズを使っている場合は、定期的に度が合っているかチェックしましょう
  • 40歳以上の方は、眼科で老眼の有無や程度を確認し、必要であれば老眼鏡を使用してください

また、一緒に目薬を使うとつらい症状が和らぎます。ピント調節機能回復効果が期待できるビタミンB12やネオスチグミンメチル硫酸塩が入った目薬、目の代謝を高めるタウリンやパンテノールが入った目薬などが効果的です。

目の乾きを感じる場合

自然の涙に近い人工涙液タイプの目薬や、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムの入った目薬を点眼して、目の調子を整えましょう。

※パソコン作業時には、目が疲れにくい環境を作りましょう。

※6畳程度の室内の場合、40Wの蛍光灯1本、または60Wの電球3個程度の照明が300ルクスの明るさになります。

おすすめの目薬