文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
読み上げ・文字拡大機能

疲れ目(目の疲れ)の原因

目の疲れ(疲れ目)

疲れ目 私たちは、情報の80〜90%を目から得ているといわれ、
目を開いているだけでも「もっとよく見よう」と目を働かせています。

疲れ目の原因

疲れ目の原因

1 )目の酷使

目に負担をかけ過ぎると、目の中の細胞や筋肉が疲れてしまいます。
気付かないうちに、次のようなことで目に負担をかけていませんか?

  • 長時間のパソコン作業や手先の細かな作業をする
  • メガネやコンタクトレンズの度が合っていない
  • 老眼(老視)など

VDT(Visual Display Terminal)ストレスを知っていますか?

パソコンなどのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使のほか、画面を凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態となりやすく、さらに目が疲れやすくなります。このように画面を見て操作する必要のあるパソコンなどは、必要以上に目を酷使するため、VDT(Visual Display Terminal)ストレスといわれています。

2 )目の乾き

涙は目がスムーズに機能するために大切な働きをしていますが、涙が少なくて目が乾いている状態だと、必要以上に目に負担がかかり、疲れを引き起こすことがあります。

ドライアイ緑内障など一部の病気でも、目の疲れ(疲れ目)を引き起こすことがあります。

目の疲れをほぐすストレッチ

疲れ目の改善に、手軽にできる簡単ストレッチで疲れ目をリフレッシュ!

項目の先頭へ戻る

おすすめの目薬

新サンテドウα

目の疲れやかすみ、しょぼしょぼに、赤いビタミンB12配合の目薬。

サンテメディカル12

つらい眼疲労に有効成分を最大濃度配合。目を酷使する現代の疲れ目に。

サンテPC

目の炎症・目の疲れにサンテPC。ブルーライトなどによる光ダメージに。

ページトップへ

コンテンツ一覧