文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

コンタクトレンズに関して

Q.コンタクトレンズが外れにくいのですが、どうすればいいですか?

まず、目薬を使ってみましょう。
コンタクトレンズが外れにくいときは、目の水分が少なくなっている可能性があります。そのようなときは、コンタクトレンズ用目薬を点眼し、軽いまばたきを数回繰り返すと外れやすくなります。それでも外れない場合は、無理に外そうとせず、眼科を受診してください。
「コンタクトの不快感におすすめの目薬」はこちら

Q.コンタクト用ではない目薬をさしたいのですが、点眼した後すぐにコンタクトレンズを付けてもいいでしょうか?

コンタクトレンズ専用ではない目薬をさしたときは、5分もしくはそれ以上時間をあけてからコンタクトレンズを装用ください。
5分以上あけることで、薬剤は涙点から流れ出ていくと考えられます。薬剤が角膜・結膜上に存在しなくなってから、レンズを装用するようにしましょう。

Q.仲のいい友達同士でレンズを貸し借りしても大丈夫ですか?

レンズの貸し借りはしないでください。
たとえ視力が同じでも、目の形状は人それぞれ。ウイルスや雑菌をうつし合うことにもなりかねません。いくら親しい人でもコンタクトレンズの貸し借りは絶対にやめましょう。

Q.保存液や洗浄液の代わりに水道水は使えないのでしょうか?

飲んで安全な水道水でも目に大丈夫とは限りません。
アカントアメーバや雑菌がレンズに付着する可能性があり、それらが目のトラブルを引き起こす原因となる恐れもあります。また、レンズの汚れによってさまざまな問題が引き起こされることも。飲んでも大丈夫な水道水だからといって、目に大丈夫とは限らないのです。
コンタクトレンズを使用する際は、そのコンタクトレンズに指定されたケア用品を用いて正しいレンズケアを行いましょう。

Q.レンズを付けたまま寝てしまっても大丈夫ですか?

装用時間は厳守してください。角膜の酸素不足がトラブルの元になりかねません。レンズを装用したまま寝ることができる一部の連続装用可能なコンタクトレンズ※を除き、コンタクトレンズを付けたままの就寝は、角膜の酸素不足を招く原因になりかねません。大切な目の健康を守るためにも、装用時間を厳守しましょう。

※連続装用が可能なコンタクトレンズでは、レンズを装用したままの就寝が認められています。

ページトップへ

コンテンツ一覧