製品紹介(目薬)

サンテ抗菌新目薬

サンテ抗菌新目薬商品画像清涼感度:0

数字が大きくなるほど強い爽やかなさし心地、小さいほど目にしみない・やさしいさし心地となります。

目が赤い、ゴロゴロする、目やにが出る、まぶたの縁や裏側の一部が化膿して痛い…。 結膜炎は細菌が原因で起こることが多く、ものもらいはまぶたの皮脂腺やまつげの根元に細菌が入り込んで、化膿性の炎症を起こす目の疾患です。
サンテ抗菌新目薬は、抗菌剤である持続性サルファ剤(スルファメトキサゾール)を配合した目薬です。粘稠化剤HPMC(ヒプロメロース)を配合して目の中の滞留時間を長くしたことにより、スルファメトキサゾールの抗菌力を高めました。さらに、目のかゆみ、炎症、組織代謝に有効な3つの成分も配合しました。結膜炎やものもらいの改善にお役立てください。

容量
12mL
取り扱い店
全国の薬局・薬店
ご使用上の注意
効果・効能 結膜炎(はやり目)、ものもらい、眼瞼炎(まぶたのただれ)、目のかゆみ
「ものもらい」についての注意
まぶたをこすったり、その他、目に刺激を加えないように注意してください。(なお、ものもらいは体質的に起こりやすい場合がありますが、過労や睡眠不足などで体力が低下しているときに起こりやすいので疲労をさけ、睡眠を十分とるよう心掛けてください。)
用法・用量 1回1~2滴、1日3~5回点眼してください。
成分 分量 はたらき
スルファメトキサゾール(抗菌成分) 4.0% 持続性サルファ剤で、結膜炎やものもらいの原因菌に抗菌作用を示します。
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03% ヒスタミンの働きを抑え、目の充血・かゆみなどを抑えます。
グリチルリチン酸二カリウム 0.25% 目の炎症を抑えます。
タウリン 0.5% 目の組織代謝を活発にします。

添加物として、エデト酸ナトリウム水和物、ヒプロメロース、ベンザルコニウム塩化物、pH調節剤を含有します。
成分・分量に関連する注意
本剤は点眼後、ときに口中に苦味または甘味を感じることがあります。これは主成分スルファメトキサゾールおよびグリチルリチン酸二カリウムが、涙道を通って口中に流れ出てくることによるもので、品質などの異常によるものではありません。

サンテ抗菌新目薬の特長

抗菌剤スルファメトキサゾールの滞留時間を長くしました。

粘稠化剤(HPMC:ヒプロメロース)を配合して目薬の眼内滞留時間を長くしました。この結果、抗菌剤 スルファメトキサゾールと細菌の接触時間が延長して抗菌効果の高いものとなりました。

クロルフェニラミンマレイン酸塩 とグリチルリチン酸二カリウムが目の炎症を改善します。

細菌感染による炎症などに、抗ヒスタミン作用を持つクロルフェニラミンマレイン酸塩と消炎成分グリチルリチン酸二カリウムが協力して優れた効き目を発揮します。

タウリンが結膜患部の組織修復効果を発揮します。

優れた代謝改善作用を持つタウリンが、細菌感染による炎症で傷ついた結膜組織の修復を促進します。

やさしいしみないさし心地で、小さなお子様にもご使用いただけます。

炎症が起こっている目は刺激に敏感です。しみないように処方を工夫しました。
(※乳幼児期は目の機能が発達するのに重要な時期です。また、1歳未満の乳児は自分で症状をうまく伝えることができません。参天製薬では、1歳未満のお子様の場合は一般用目薬による治療は避け、医師にご相談になることをお勧めしております。)

製品一覧へ戻る