VDT症候群とは

VDT症候群

パソコンなどディスプレイを長時間見続けることで、 目、身体、心に支障をきたす場合があります。
目をいたわりながら上手にお付き合いしましょう。

VDT症候群の治療方法

目の疲れをやわらげ、目にうるおいを与える点眼薬や、身体や目の緊張をほぐす飲み薬による治療が行われます。液晶モニターが発する光「ブルーライト」から目を保護することを目的としたパソコン専用メガネもあります。

普段から気を付けること

  • 適度な休憩
    1時間ごとに10〜15分は休憩をとりましょう。
  • 体操
    ときどき適度に身体を動かして、緊張をほぐしましょう。
  • メガネ
    メガネ、コンタクトレンズは度の合ったものを使いましょう。
  • 早期受診
    異常を感じたら、早目に眼科医に診てもらいましょう。