結膜下出血とは

結膜下出血

多くの場合、結膜下出血は放置しておいても構いません。
しかし、長引くようでしたらすぐに眼科を受診しましょう。

結膜下出血の症状

出血の程度

結膜に存在する大小の血管が破れて、結膜の下に出血が広がります。小さな点状のものから、斑状、時に眼球結膜全体を覆う広範なものもあります。また、血腫をつくることもあります。

自覚症状

通常の出血ではほとんど痛みやかゆみ、目やになどの症状はともないません。また、目が見えにくくなったり、視野が狭くなったりすることもありません。万一、これらの症状を伴う場合は、必ず眼科医の診察を受けて下さい。

症状の経過

ふつう1〜2週間で自然に吸収されてきれいな白目に戻りますが、なかには2〜3カ月かかるものもあります。時間はかかりますが、出血は吸収されますので心配はいりません。
ただし、眼外傷などの後、長引くようでしたらすぐに眼科医に連絡して下さい。

出血と充血のちがい

出血は血管が破れて血液が出たもので、血管の走行がみえません。一方、目の充血は細い血管が拡張した状態をいいます。
血管収縮剤を使うと充血の場合は赤みが少なくなります。