結膜下出血とは

結膜下出血

多くの場合、結膜下出血は放置しておいても構いません。
しかし、長引くようでしたらすぐに眼科を受診しましょう。

結膜下出血とは

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れて出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。

多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。
原因はさまざまで、くしゃみ・せき、過飲酒、月経、水中メガネの絞め過ぎなどでも出血します。結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく視力の低下の心配もありません。

出血は、1〜2週間ほどで自然に吸収されることが多いのですが、強いものでは2〜3カ月ぐらいかかります。いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合心配はいりません。