文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
読み上げ・文字拡大機能

結膜下出血とは

結膜下出血

多くの場合、結膜下出血は放置しておいても構いません。
しかし、長引くようでしたらすぐに眼科を受診しましょう。
  • 結膜下出血とは
  • 結膜下出血の症状
  • 結膜下出血の治療
  • もっとよく分かる
    結膜下出血

結膜下出血とは

結膜下出血とは

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れて出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。

多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。
原因はさまざまで、くしゃみ・せき、過飲酒、月経、水中メガネの絞め過ぎなどでも出血します。結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく視力の低下の心配もありません。

出血は、1〜2週間ほどで自然に吸収されることが多いのですが、強いものでは2〜3カ月ぐらいかかります。いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合心配はいりません。

項目の先頭へ戻る

結膜下出血の症状

結膜下出血の症状

出血の程度

結膜に存在する大小の血管が破れて、結膜の下に出血が広がります。小さな点状のものから、斑状、時に眼球結膜全体を覆う広範なものもあります。また、血腫をつくることもあります。

自覚症状

通常の出血ではほとんど痛みやかゆみ、目やになどの症状はともないません。また、目が見えにくくなったり、視野が狭くなったりすることもありません。万一、これらの症状を伴う場合は、必ず眼科医の診察を受けて下さい。

症状の経過

ふつう1〜2週間で自然に吸収されてきれいな白目に戻りますが、なかには2〜3カ月かかるものもあります。時間はかかりますが、出血は吸収されますので心配はいりません。
ただし、眼外傷などの後、長引くようでしたらすぐに眼科医に連絡して下さい。

出血と充血のちがい

出血は血管が破れて血液が出たもので、血管の走行がみえません。一方、目の充血は細い血管が拡張した状態をいいます。
血管収縮剤を使うと充血の場合は赤みが少なくなります。

項目の先頭へ戻る

結膜下出血の治療

結膜下出血の治療

出血自体は、軽度であれば10日前後で自然吸収され白目に戻るため、治療の必要はありません。また、出血が止まっても赤目が広範で長引いているひどい場合は、吸収促進のために血栓溶解剤などを結膜下注射することもあります。

しかし、次のような場合は原因疾患の治療が必要です。まず、眼科医に診察してもらい指導をうけましょう。

眼外傷を受けた場合

鋭利なものや金属片などで眼外傷を受けたり、ボールや転倒などで眼球の最も弱い部分が外傷を受けたときなど(穿孔性眼外傷)はすぐに治療が必要です。外傷の後、結膜下出血が長引く場合は、必ず精密検査を受けて下さい。

痛みやかゆみ、目やにを伴う場合

急性出血性結膜炎流行性角結膜炎などに起こった場合は、痛みや目やに、涙が増えるなどの他の自覚症状があります。眼科の診察を受け、他の人にうつさないよう十分注意して下さい。

ひんぱんに繰り返す場合

繰り返し結膜下出血が起こる人は、以下の疾患の疑いがあります。内科で異常がないかどうか調べてもらって下さい。
 動脈硬化、高血圧、糖尿病、出血性素因(貧血、白血病、紫斑病など)、腎炎
結膜下出血を繰り返す方にはしばしば結膜弛緩症がみられます。

熱を伴う場合

マラリア、猩紅熱(しょうこうねつ)、ジフテリア、コレラ、発疹チフス、インフルエンザ、麻疹などでも結膜下出血がみられます。原因疾患の治療を最優先して下さい。

原因不明のもの

誘因がはっきりしないことも多いですが、いくつかの誘因を挙げておきますと、くしゃみ・せき、過飲酒、月経、水中メガネの絞め過ぎなどです。

項目の先頭へ戻る

もっとよく分かる結膜下出血

眼科医院検索

全国にある眼科医院の情報を、地図や地名、
最寄り駅などから検索していただけます。

コンテンツ一覧