夜更かしする方

例えば、
[・] 残業や飲み会で、帰宅が翌日になる方
[・] 夜勤や深夜を中心に働く仕事をなさっている方
[・] 深夜のネットサーフィンや電話が日課の方
[・] 夕方や夜になると目の調子が悪くなる方
実は、夜更かしは、疲れ目やドライアイと関係が深いのです。生活環境が24時間化する中で、近い将来、夜更かしはドライアイの原因として注目されるかもしれません。

夜は目も“お休みモード”に

元来、私たち人間は夜行性ではなく、太陽のもとで活動する動物です。
そのため、神経やホルモンの調節など生理機能は昼間に活動するように作られており、もちろん目もその影響を受けています。昼間と異なり、夜になると涙液の分泌は「お休みモード」になるのです。

夜は自然に涙の基礎的な分泌(目の乾燥を防ぐために常に分泌されている涙)が少なくなって目は乾燥気味となり、人工の光の下で物をみるために目が疲れやすくなります。

夜更かしは、目が疲れやすい環境で乾燥気味の目を使うために、ドライアイを促進させるのです。

できれば避けたい・・・夜更かしする人への注意事項

夜更かしすることの多い方は次のことに注意しましょう。

まばたきの回数を増やす

意識してまばたきをしましょう。まばたきすることで目の乾燥をふせぐことができます。

休憩を取り、リラックスする

1〜2時間おきに、目の休息時間を設けてリラックスしましょう。リラックス時には副交感神経が作用して、目を保護する働きをする涙が出やすくなります。

目薬を点眼する

目の疲れ、しょぼしょぼ感、あるいは充血などは目が乾燥気味となっているサインなので、症状を和らげるために目薬をさすのも有用です。但し、用法・用量に沿った点眼を心がけましょう。 目薬をさす回数が多い人は一度医療施設を受診し、医師のアドバイスを受けることをお勧めします。