運転をよくする方

例えば、
[・] タクシーやバス、トラックなど長時間運転する職業の方
[・] 仕事で車を使うことの多い営業職の方
[・] ドライブが趣味の方
[・] 運転中に目に不調を感じることのある方
運転など精神集中が必要な作業では、まばたきが減り、ドライアイになる可能性が高いと言われています。

緊張とまばたき不足、さらにカーエアコンによる乾燥の三重苦に

運転中は、視覚の緊張によってまばたきが減少していることが多くあります。まばたきが減ると、涙の分泌を低下し、目が乾きやすくなります。

さらに、車内でエアコンの風を直接あてたり、エアコンが効きすぎたりしている場合、涙の蒸発が盛んとなって、目の乾きが助長されてしまいます。運転がドライアイの原因のひとつとされるのは、まばたき不足、緊張、車内の乾燥など目が乾きやすい要素がそろっているからなのです。

運転する方への注意事項

ドライバーの皆さん、安全運転とともに、次のような目の保全にもお気をつけください!

休憩や車内環境を整える

長時間の運転では適宜休憩して目を休めましょう。また、車内ではエアコンの風を避けるのも目の乾燥防止に効果的です。特にタバコの煙が目にしみる方は、できるだけ避けるようにしましょう。

目薬を活用する

休息と同時に、目薬を点眼し、目を乾燥から守りましょう。

コンタクトレンズを使用している方は、特に注意を

コンタクトレンズを装用していると、裸眼に比べ、目が乾燥しがちです。長時間運転すると、ドライアイの状態も長期間続くことになるので、早めの休息で、目をいたわるようにしましょう。

ビジネスで運転する方は定期検診を!

タクシードライバーや運転する機会が多い方!
運転中に目に不調を感じるようなら、一度眼科を受診してドライアイの検査をしてはいかがでしょうか。

専門医によるアドバイスと治療をうけてドライアイの不快な症状が軽くなれば、運転が楽になることでしょう。