アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎

アレルギーの患者さんは年々増加していますが、
正しい治療を行えば、症状を軽くすることができます。

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギーを引き起こす原因物質とは?

私たちの身体には、体内に入ってくる異物を排除しようとするはたらきがあり、このはたらきのことを免疫といいます。本来、花粉などは異物と感じないしくみになっているのですが、アレルギー体質だと異物と認識して、免疫反応がはたらいてしまいます。この過剰な反応のことを、アレルギー反応といいます。

主なアレルゲンには次のようなものがあります。

  • スギ花粉(時期:1〜5月)
  • ヒノキ花粉(時期:3〜5月)
  • カモガヤ花粉(時期:5〜7月)
  • ブタクサ花粉(時期:8〜10月)
  • ハウスダスト(チリ、ホコリ、ダニ、カビなど)(1年中)
  • 動物の毛(1年中)
  • コンタクトレンズの汚れ(1年中)

アレルギー症状のしくみ

アレルギー反応が起こると、肥満細胞という細胞から、ヒスタミンなどの物質が大量に放出されます。これらの物質は、目の知覚神経や毛細血管などを刺激して、強いかゆみや充血などの炎症を引き起こします。

1 花粉などのアレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が目に刺入します。 2 身体を守っている免疫細胞(肥満細胞)の働きが活発になり、ヒスタミンという物質を大量に放出します。 3 ヒスタミンは、目の知覚神経などを刺激して炎症(充血やかゆみ)を引き起こします。