こどもの目のケア

こどもの目の成長

子どもの視力は生まれてから約6~7年かけて、ものを見ることによって発達します。
子どもの目がどのように成長しているのかを知って、健康な目を形成するために必要な生活習慣を身につけましょう。

生後1?4ヶ月

ものが見える

生後1・2カ月は動くものがわかる程度、3・4カ月で見えるように。

生後1?4ヶ月

平均視力が約0.8に*

発育と共に目も成長。平均視力は1歳で約0.3、2歳で約0.6。

生後1?4ヶ月

視力が1.0以上に

視力1.0以上:4歳で75%、5歳で85%、6歳でほぼ100%。

生後1?4ヶ月

目の機能が完成

7歳以降、成長期に眼球が長くなり、近視が進む場合があります。

*3歳頃は視機能の発達を知る大切な時期です。目の異常を早期に発見するために、地域の3歳児眼科健診を受けましょう。実施していない場合は一度眼科を受診しましょう。

めを たいせつに するための 3つの やくそく

お子さまの目の健康を保つためには、毎日の過ごし方が大切です。 以下にご紹介する「めをたいせつにする3つのやくそく」をお子さまに説明し、 守れているときはほめてあげましょう。

1.めをやすめよう

めは、とても つかれやすいよ。てれびなどの がめんは じかんを きめて みよう。

2.あかるい ところで よもう

ほんは くらい ところで よまず、あかるい ところでよもう。

3.とおくをみよう

ゲームや テレビで めを たくさん つかった あとは、とおくを みると めが やすまるよ。

めスッキリたいそう

テレビを見たり、ゲームをした後などに目をリラックスさせるための体操です。
歌に合わせて楽しみながらやってみましょう。

※「めスッキリたいそう」は参天製薬株式会社の協力のもと株式会社ベネッセコーポレーションが制作したものです。