参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR(社会的責任)

活動現場の声 Voice

働きがいのある職場環境づくり/ダイバーシティ(多様性)を推進する 組織としての総合力を高め世界の患者さんに貢献し続ける 多様な人材が能力を発揮し協働する組織風土づくり

  • 活動概要

  • ボイス
ダイバーシティを組織の力に変える 「One Santen,One Team」世界の患者さんのために協働できる組織をめざして
多様な人材が協働するための職場環境の整備

 多様な人材が互いに価値観を認め合い、経歴や文化的背景の異なる社員一人ひとりが、ライフステージの変化や性別にかかわらず持てる能力を最大限に発揮できる職場環境の整備に努めています。育児支援制度の導入から10年が経過し、多くの社員が出産後も職場に復帰し育児と仕事を両立しています。また、介護支援制度の整備にも取り組んでいます。
 2016年4月には「女性活躍推進法」が施行されました。参天製薬では、1.時間外労働の削減、2.育児・介護・配偶者の転勤などのために退職せざるを得なかった社員に対する再雇用機会の提供、3.男性の育児・介護休暇取得推進、に対する行動計画を策定し、取り組んでいます。
 今後も各種制度を充実して働きやすい環境を整えるとともに、社員一人ひとりの多様性を活かし、互いに力を高め合う組織風土づくりに努めます。

世界中の人材が基本理念のもとで一体となれる組織へ

 当社は、2020年までの長期的な経営ビジョンである「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現に向けて事業のグローバル展開を加速し、海外社員比率も約45%となりました。このグローバル化の進展による規模や地理的な拡大、人材の多様化に対応するため、中期経営計画の基本方針の柱の一つに「組織・人材」を掲げ、組織づくりと人材育成に取り組んでいます。
 研究開発、生産、信頼性保証などの機能は国別を主軸とした組織から機能別を主軸とした組織へと体制を移行しました。この結果、例えば研究開発本部は米国に中心拠点を置き、本部長をはじめ、本部長が直接統括する10人のうち5人が日本以外の国の出身者です。このような状況において、国を超えてプロジェクトチームを組んで仕事をするのが日常的になってきています。
 さまざまな文化的背景や経験を持った社員同士の協働が求められる中、世界中の社員が当社の基本理念に基づいて取るべき行動を明示した共通のことばとして、「サンテン・リーダーシップ・コンピテンシー(SLC)」を制定しました。これは、社員一人ひとりの能力開発と、キャリアプラン策定に向けた基軸となるものです。SLCに基づいて人事制度も新しく構築しました。多様化する社員が「One Santen, One Team」として結束し、グループの総力を高めることで、世界の患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献し続ける組織をめざします。

  • 活動概要
  • ボイス

ページトップへ