参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR(社会的責任)

活動現場の声 Voice

製品・疾患に関する情報・サービスの提供/医療関係者に有用な情報を提供する 点眼剤をただしくご使用いただくための情報提供の充実 患者さんからの声を活かす「品質保証CS・技術室」の取り組み

患者さんの視点に立った製品情報の提供 患者さんおひとりおひとりに向き合い真の解決につなげる MRとしての経験を活かし、患者さんに貢献したい
お客さまからのお問い合わせにお応えするために

 参天製薬では、お客さまに安心して医薬品をご使用いただけるように、そして、迅速かつ適正に対応するために、製品の種類やお問い合わせ内容などによって対応する窓口を分けるなど体制を整えています。併せて、お客さまから寄せられるお問い合わせやご要望などの声を関係部署で共有し、製品やサービスの改善に活かすことに努めています。
 ドラッグストアなどで販売している一般用の製品をお使いのお客さまからのお問い合わせは主にお客様相談室を通して、患者さんや、医師や薬剤師など医療関係者からのお問い合わせは主にMR(医薬情報担当者)を介して届き、お問い合わせ内容に応じた適切な部署が回答を行います。そのうち、製品品質に関するお問い合わせは、「品質保証CS・技術室」へ集約されます。そして、関係する部門で検討され、品質の維持・改善につなげる仕組みを整えています。

「品質保証CS・技術室」の活動内容

 「品質保証CS・技術室」では、患者さんや、医師や薬剤師などの医療関係者から寄せられた製品品質にかかわるお問い合わせ内容の中で、科学的分析・調査が必要な事項については、成分分析などの調査を行っています。そして、何らかの問題が確認された場合は、推定される原因の分析と解決に向けての提案などを行います。これらの結果を、MRを通じて医師や薬剤師の方々にお伝えし、患者さんへの説明に役立てていただきます。
 製品品質の向上にかかわる役割としては、関係する部署で構成される「製品品質向上委員会」の事務局を担うとともに、適宜、関係部署とも情報を共有し、製品やサービスの改善に、より積極的に関与するべく努めています。
 また近年は、患者さんに点眼剤の正しい使い方や保管方法をご理解いただく取り組みに力を入れています。患者さんへの説明用資料やポスターなどを制作するとともに、MRに対する研修を行うことにより説明用資料などの意図の理解を深め、医療現場で活用いただけるよう努めています。
 今後も、「患者さんの視点に立って、何をしなければならないか」を考え、関係部署と連携し、チーム一丸となって取り組んでいきます。

患者さんおひとりおひとりに向き合い真の解決につなげる 信頼性保証本部 品質保証CS・技術室 田島 司 Voiceを見る MRとしての経験を活かし、患者さんに貢献したい 信頼性保証本部 品質保証CS・技術室 村上 靖 Voiceを見る

※ 表記の部署名は2016年3月時点のものです