外部からの評価

参天製薬グループは、ステークホルダーとのコミュニケーションを通じ、社会課題と当社への期待事項や評価の把握に努め、CSR活動へ反映させています。

サスティナビリティインデックスへの組み入れ状況

環境・社会・ガバナンス(ESG)の非財務の視点から企業の持続可能性(サステナビリティ)を評価し、長期的視点で投資を行う責任投資の指標として、さまざまなサステナビリティインデックスが利用されています。当社のCSR活動が評価され、以下のサステナビリティインデックスに選定されています。

インデックス名 概要
Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index 米国のS&P Dow Jones Index社とスイスのRobecoSAM社が提携して開発したインデックスで、経済・環境・社会の3つの側面から企業を分析し、持続可能性(サステナビリティ)に優れた企業を選定
MSCI日本株女性活躍指数(WIN) 米国MSCI社のインデックスで、日本株の時価総額上位500銘柄の中から、各業種の中で性別多様性に優れた企業を選定
SNAM サスティナビリティ・インデックス SOMPOリスケアマネジメント社の環境(E)、インテグレックス社の社会(S)、ガバナンス(G)に関する企業調査で、ESGスコアが基準以上の企業を選定

外部からの認定・表彰

参天製薬が2014年以降に取得した主な認定および表彰は以下の通りです。

2018年2月 日本取締役協会より「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー2017」の入賞企業に選出

〈 評価された点 〉
コーポレート・ガバナンスを経営に活かし、中長期の健全な成長を実現している
2018年2月 2017年に引き続き、経済産業省が日本健康会議と共同で選ぶ「健康経営優良法人2018 (ホワイト500)」に認定

2016年11月 日本IR協議会よりIR優良企業特別賞を受賞

〈 評価された点 〉
経営トップが投資家や資本市場関係者の声を経営に活かすことに努めており、戦略の説明がわかりやすく一貫性がある点など
2015年1月 「大阪府温暖化の防止等に関する条例」に基づく「おおさかストップ温暖化賞」節電賞を受賞

〈 評価された点 〉
2014年7月から9月までの電力使用量が2010年比28.9%削減
2014年10月 日本政策投資銀行による「DBJ環境格付」に基づき、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付けを取得

〈 評価された点 〉
森林保護活動による水系保全や廃棄物の最終処分率について業界水準を上回る数値目標を設定し推進している点など