視覚障がい者スポーツ支援

参天製薬は、眼科に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、患者さんと患者さんを愛する人たちを中心に、社会への寄与を行うことを基本理念に掲げています。基本理念の実践の一環として、社会の眼疾患への理解、関心を高めるとともに、ボランティアなどを通じて従業員に患者さん視点の意識を醸成することを目的に、視覚障がい者スポーツ支援に取り組んでいます。参天製薬は視覚障がい者スポーツの支援を通じて、眼疾患がある方やご家族をはじめ、全ての方々の夢や希望を応援していきます。

参天製薬の取り組み

参天製薬は、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)のビジョン「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」および、ミッション「ブラインドサッカーに携わるものが、障がいの有無にかかわらず、生きがいを持って生きることに貢献すること」に共感し、2017年3月、約2年間のパートナーシップ契約を締結しました。ブラインドサッカー男子日本代表のスポンサーをはじめ、「ブラサカキッズキャンプ(関西)」 注釈1 、「スポ育」 注釈2 のパートナーとなり、JBFAの活動をサポートしています。

注釈1
ブラサカキッズキャンプ:視覚に障害がある子どもたちがスポーツに触れ、学校以外の場で日常的にスポーツに取り組むきっかけとなる場を提供。将来ブラインドサッカー選手を目指す視覚障がいがある子どもたちの発掘、育成の場ともなっています。
参天製薬は関西でのブラサカキッズキャンプを支援しています。
注釈2
スポ育:子供たちがスポーツを通じて視覚障がい者に触れ、自らも目隠し体験をすることでコミュニケーションの重要性や個性を尊重しあえる関係を築けるようにした、小・中学校向けダイバーシティ教育プログラム。