参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR(社会的責任)

労働・安全衛生

中期活動テーマ
働きがいのある職場環境づくり
活動項目 KPI

ダイバーシティ(多様性)を推進する

啓発活動の実施(対計画)100%

 参天製薬グループは、ダイバーシティ(多様性)を推進し、多様な人材が患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)向上という共通の目標に向けて、総力を結集できる組織をめざしています。

 人材のダイバーシティやワーク・ライフ・バランスなど雇用に関する情報は「雇用・人材に関するデータ」に掲載しています。

 「雇用・人材に関するデータ」 PDFのダウンロードはこちら

多様な人材が能力を発揮し協働する組織づくり

 当社は、「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現に向けて事業のグローバル展開を加速し、2017年3月末時点で海外従業員比率は46%になりました。国を超えたプロジェクトチームで仕事をするのが日常的になってきています。このような環境の中で多様な人材が能力を発揮し協働しやすくなるよう、研究開発、生産、信頼性保証などの機能は国別を主軸とした組織から機能別を主軸としたマトリックス組織へと体制を移行しました。例えば研究開発本部は本部長をはじめ、本部長が直接統括する管理職10人のうち4人が日本以外の国の出身者です。

 

ワーク・ライフ・バランス実現に向けた制度の整備

 当社は、日本では2005年度に労使協働の「次世代育成支援推進プロジェクト」を立ち上げ、育児休業制度、育児短時間勤務制度などの育児支援制度を導入しています。2016年度も引き続き、育児休業制度対象の女性従業員全員が制度を利用し、職場に復帰しています。
 この他、介護のための休暇・休業・短時間勤務に関する制度の整備にも取り組んでいます。また、従業員のボランティア活動を支援するための休暇制度の導入など、従業員が多様な価値観を認め合い、一人ひとりがライフステージの変化や性別にかかわらず、持てる能力を最大限に発揮できる就業環境の整備に努めています。

女性の活躍推進への取り組み

 当社では、男女を問わず会社と家庭、ワーク・ライフ・バランスの適正化を推進することが、仕事への集中力、生産性向上を生み、人材の成長ひいては企業の成長につながるものと考えています。日本ではこれまでの取り組みの結果、2016年度は2012年度に比べ、管理職における女性比率も4.3ポイント上昇しています。

 2016年4月より「女性活躍推進法」が施行されたことに伴い、第1期の行動計画を策定しました。

【行動計画】

  1. 時間外労働を5%削減する
  2. 育児・介護・配偶者の転勤等の事由で退職した方に一定の再雇用の機会を提供する

障がい者にとって働きやすい職場の整備と自立の支援

 当社では、障がい者の雇用を促進するとともに、いきいきと働くことができる職場環境の整備に努めています。滋賀プロダクトサプライセンターの敷地内にある特例子会社の株式会社クレールは、「障がい者の雇用拡大という社会的責任を積極的に果たすとともに、生きがいと働きがいを感じる機会と場所を提供する」ことを理念とし1997年に設立されました。主な業務は無塵服や無菌服のクリーニングで、当社の能登工場と滋賀工場を中心に、他社のクリーニングも請け負っています。
 また、従業員一人ひとりの社会的自立をめざして、自主勉強会の開催や全国障害者技能競技大会であるアビリンピックへの参加の奨励など、さまざまな活動や挑戦を支援しています。
 参天製薬株式会社における2017年6月の障がい者雇用率は2.19%で、法定雇用率を上回っています。

活動項目一覧

CSRマネジメント

参天製薬グループは、ISO26000の社会的責任の原則を尊重しCSR活動を推進します。注釈1
参天製薬グループは、CSR推進フレームワークに沿ってCSRマネジメントによるCSR活動を推進します。注釈2

注釈1

説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重

注釈2

ISO26000を参考に当社独自に定義したもの

中期活動テーマ 活動項目
ステークホルダーエンゲージメントの確立
リスクマネジメントシステムの確実な運用

適正な製品・サービスの提供

参天製薬グループは、適用される法規、規格、基準を満足し、最新の科学技術を応用して、消費者に信頼される高い品質を確保した製品とサービスを提供します。

中期活動テーマ 活動項目
優れた製品の開発と提供
製品・疾患に関する情報・
サービスの提供
医療関係者・患者団体とのコンプライアンス確保

公正な事業取引

参天製薬グループは、事業活動を行う国や地域における法規・事業慣行等を遵守します。
参天製薬グループは、取引先を私たちのパートナーと考え、相互の発展をめざすとともに、法規・事業慣行等の遵守を求めます。

中期活動テーマ 活動項目
事業取引におけるコンプライアンス確保

人権尊重

参天製薬グループは、事業を行うすべての国と地域において、人権を尊重した活動を推進します。
参天製薬グループは、従業員一人ひとりが高い倫理観を持ち、お互いに敬意を払い、連帯感のある職場づくりを推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業活動における人権尊重

労働・安全衛生

参天製薬グループは、「人命」を第一に考え、従業員の安全確保および健康増進を図り、働きやすい職場環境の維持・向上を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
働きがいのある職場環境づくり
安全衛生の確保

環境保全

参天製薬グループは、生物多様性が生み出す自然を地球環境の重要な基盤であると認識し、地球環境を保護・保存し、「美しい地球を次世代に引き継ぐ」ための活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
地球温暖化対策
排出・廃棄対策
環境保護

社会貢献

参天製薬グループは、事業分野における医療の発展、
福祉の充実に向けた活動、および良き企業市民としての活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業分野における医療の発展と福祉の充実
企業市民としての活動

ページトップへ