参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR(社会的責任)

人権尊重

中期活動テーマ
事業活動における人権尊重
活動項目 KPI

人権尊重意識を醸成する

重大な問題事象発生件数0件

 参天製薬グループは、事業を行うすべての国と地域において、人権を尊重した活動を推進しています。従業員一人ひとりが高い倫理観を持って行動できるよう研修や啓発活動などにより人権尊重意識を醸成しています。

人権尊重意識の啓発

 従業員一人ひとりへの人権尊重意識の浸透に向けて、入社時研修ならびに管理職登用時研修に人権教育を必須項目として組み入れています。また、外部講師を招いて経営幹部を対象とした研修を定期的に実施しています。その他、eラーニングを用いた研修やニューズレターの発行など、年間を通じ全従業員への啓発活動を実施しています。

公正採用選考に対する当社の取り組み

 当社では、基本理念に基づくすべての役員・従業員に求められる行動のあり方を記した「参天企業倫理綱領」において人権尊重の大切さを宣言するとともに、CSR方針において人権を尊重した活動の推進を定めています。
 採用選考過程においても、応募者本人の適性や能力とは関係のない国籍・出身地・性別・家族状況などによって採否の決定をしないことを方針として定めています。そして、面接・選考が適正に行われるよう、採用担当部門が採用活動にかかわる従業員全員に対して、事前に、当社の方針と姿勢、そして、本籍地や出身地、家族の職業、生活環境や信条など応募者本人の適正に関係のない、場合によっては人権を侵害する内容につながる可能性のある質問項目、不適切な質問例など、面接時の注意事項について説明を行うなど、公正採用選考に積極的に取り組んでいます。

改正障害者雇用促進法に対する当社の取り組み

 当社は、企業の社会的責任として、働く意欲と能力のある障がい者の働く場を積極的に開発、提供し、仕事を通じた成長と自立を支援しています。現在、国内グループで約40人の障がいのある方々が、さまざまな場で事業遂行に貢献しており、会社としてこうした方々に働きやすい職場環境を提供し、整備することに努めています。
 2016年4月に改正障害者雇用促進法が施行されたことを受けて、当社は法の主旨・目的とともに、障がい特性に関する正しい知識を習得し、理解を深めるための啓発活動を行うとともに、改正障害者雇用促進法に対応しています。

「標語の募集」を通じた人権尊重意識の醸成

 当社では、人権啓発活動の一環として全従業員を対象に、毎年、人権標語を募集し、優秀作を表彰するとともに、社内掲示しています。
 2016年も、12月の「人権週間」に先立ち、人権標語を募集しました。本年は、会社の中だけでなく日常生活においても、自分自身にできることは何かを考え、行動の実践につなげることが大切と考え、「誰もが個性を尊重し合い、誰もが暮らしやすい多様性のある社会を目ざして」をテーマとしました。
 従業員が日頃から人権尊重について考えるきっかけとすることを目的に、応募作品の中から全従業員の投票によって選ばれた優秀作品のポスターを作成し、各事業場に掲示して行動の実践を図っています。

優秀作品、“育てよう「違い」を「個性」と認める心”を掲載した人権標語ポスターの写真

管理職に対する人権研修

 人権が尊重された職場づくりのためには管理職層の意識と行動が重要であるとの認識から、管理職層を対象として、部門ごとに少人数の対話型研修を実施しています。
 プロダクトサプライ本部では2014年7月から8月にかけて、サージカル事業部では2015年6月に、信頼性保証本部では2015年7月から10月にかけて、人権上の問題(差別問題、セクハラ、パワハラなど)を未然防止するための行動や、適切な部下指導をテーマに研修を実施しました。

事業のグローバル化に伴うマネジメント研修の実施

 当社では、「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現に向けて、海外への事業展開を加速させています。このことに伴い、従業員の多国籍化が進み、異なる文化的背景を持った人とともに仕事をする機会が急速に増えてきています。
 米国の子会社サンテン・インクとアドバンスド・ビジョン・サイエンス・インクが所在するカリフォルニア州では、法律によりセクシャルハラスメント、パワーハラスメント防止のための定期的な研修受講とその記録が義務付けられています。また、優れた製品・サービスの提供に向けて、従業員同士が敬意を払い、協働するためには、国や地域による、ものの考え方や仕事の進め方の違いを理解することが不可欠と考えています。
 このことから、2015年2月に、米国子会社に部下を持つ本社の執行役員と管理職を対象に、歴史、習慣、法律などの背景から具体的な指示やアドバイスの仕方など、マネジメント上の注意点について理解を深めることを目的とした研修を実施しました。
 各国の法令遵守はもとより、異なる国や地域の従業員同士が円滑に意思疎通を図り、同じ目標に向かって仕事に取り組むための環境整備に努めていきます。

活動項目一覧

CSRマネジメント

参天製薬グループは、ISO26000の社会的責任の原則を尊重しCSR活動を推進します。注釈1
参天製薬グループは、CSR推進フレームワークに沿ってCSRマネジメントによるCSR活動を推進します。注釈2

注釈1

説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重

注釈2

ISO26000を参考に当社独自に定義したもの

中期活動テーマ 活動項目
ステークホルダーエンゲージメントの確立
リスクマネジメントシステムの確実な運用

適正な製品・サービスの提供

参天製薬グループは、適用される法規、規格、基準を満足し、最新の科学技術を応用して、消費者に信頼される高い品質を確保した製品とサービスを提供します。

中期活動テーマ 活動項目
優れた製品の開発と提供
製品・疾患に関する情報・
サービスの提供
医療関係者・患者団体とのコンプライアンス確保

公正な事業取引

参天製薬グループは、事業活動を行う国や地域における法規・事業慣行等を遵守します。
参天製薬グループは、取引先を私たちのパートナーと考え、相互の発展をめざすとともに、法規・事業慣行等の遵守を求めます。

中期活動テーマ 活動項目
事業取引におけるコンプライアンス確保

人権尊重

参天製薬グループは、事業を行うすべての国と地域において、人権を尊重した活動を推進します。
参天製薬グループは、従業員一人ひとりが高い倫理観を持ち、お互いに敬意を払い、連帯感のある職場づくりを推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業活動における人権尊重

労働・安全衛生

参天製薬グループは、「人命」を第一に考え、従業員の安全確保および健康増進を図り、働きやすい職場環境の維持・向上を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
働きがいのある職場環境づくり
安全衛生の確保

環境保全

参天製薬グループは、生物多様性が生み出す自然を地球環境の重要な基盤であると認識し、地球環境を保護・保存し、「美しい地球を次世代に引き継ぐ」ための活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
地球温暖化対策
排出・廃棄対策
環境保護

社会貢献

参天製薬グループは、事業分野における医療の発展、
福祉の充実に向けた活動、および良き企業市民としての活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業分野における医療の発展と福祉の充実
企業市民としての活動

ページトップへ