参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR(社会的責任)

CSRマネジメント

中期活動テーマ
ステークホルダーエンゲージメントの確立
活動項目 KPI

ステークホルダーとの対話(ダイアログ)を充実する

ステークホルダーとの対話の継続実施100%

 参天製薬グループは、ステークホルダーとの対話(ダイアログ)により多様な意見を収集し、CSR活動に反映することが大切だと考え、実践しています。

ステークホルダーとコミュニケーションの機会

ステークホルダー コミュニケーションの機会
患者さん・医療関係者
株主・投資家
取引先
視覚障がい者支援団体
従業員
地域・社会

お客さまからのご相談への対応

 当社は「お客様相談室」を設置し、電話やお手紙、ウェブサイトなどの手段でご相談を受け付けています。フリーコールの専用電話も設けています。ご相談件数は2011年度の6,811件から年々増加し、2015年度は9,909件でした。お問い合せの内容は、病気のご相談に関するもの(27.4%)、医療用医薬品ならびに一般用医薬品の製剤の品質・容器に関するもの(24.5%)、製剤の安全性・使用上の注意に関するもの(16.2%)などです。その他にも、製品・サービスの改善に関するご提案もいただいています。

 安全性や品質に関するご質問などに対しては、安全性管理や品質保証を担当する部門と連携し、迅速かつ的確な情報収集に努め、お客さまに適正に使用していただくための情報提供につなげています。

株主・投資家への情報開示とコミュニケーションの充実

情報開示

 当社では株主・投資家の皆さまに対し、当社の経営方針や事業戦略、業績・財務にかかわる情報をわかりやすく公平かつ正確に提供することを基本的な方針とし、積極的な情報開示に取り組んでいます。開示すべき情報は、適時当社ウェブサイトなどを通じて発信しています。業績・財務にかかわる情報は、財務情報の国際的な比較性向上のため、2015年度より国際会計基準(IFRS)を適用しています。当社をご理解いただくために、業績のみならず経営理念や中長期的なビジョンもお伝えしています。

コミュニケーションの機会

 アナリストならびに機関投資家向けに、決算説明会もしくはカンファレンスコール注釈を四半期ごとに実施しています。また、証券会社主催の国内カンファレンス、スモールミーティング、個人投資家向け説明会にも積極的に参加しています。加えて、海外での投資家向けカンファレンスへの参加や株主・投資家への訪問なども充実させています。
 2015年9月には、アナリストや機関投資家、メディア関係者を対象に、研究開発のビジョンや戦略などに特化した説明会を開催し、研究開発本部長をはじめ、国内外から研究開発統括部門の責任者が出席し、具体的な活動や今後の方向性について説明しました。日本国内だけでなく海外から参加いただいた方々との意見交換の機会も持つことができました。

注釈

カンファレンスコール:電話会議で行う決算発表

株主総会

 株主総会はできるだけ多くの株主の方が参加いただけるよう、集中日を避けて開催しています。また、株主総会に参加することができない方のために、郵送に加えインターネットでも議決権を行使できるようにしています。なお、株主・投資家の皆さまが総会議案について十分な検討期間を確保できるよう、招集通知は法令の定めより1週間早く発送するとともに、発送前に当社ウェブサイトに開示しています。

「CSRレポート」に対する社外アンケートの実施

 当社は、「CSRレポート」に対する社外アンケートを継続的に実施し、ステークホルダーの皆さまからのご意見やご要望をもとに活動や報告の改善を行っています。
 より多くの方のご意見をタイムリーにお聞きできるように、当社ウェブサイトのCSRレポート掲載ページにアンケート機能を追加し、アンケート募金注釈のサービスを提供している「CSR図書館.net」と「sumabo(スマボ)」のウェブサイトでも、アンケートを実施しています。

注釈

アンケート募金:アンケートに回答いただくことにより、回答者にかわって当社が一定金額を寄付するというサービス

活動項目一覧

CSRマネジメント

参天製薬グループは、ISO26000の社会的責任の原則を尊重しCSR活動を推進します。注釈1
参天製薬グループは、CSR推進フレームワークに沿ってCSRマネジメントによるCSR活動を推進します。注釈2

注釈1

説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重

注釈2

ISO26000を参考に当社独自に定義したもの

中期活動テーマ 活動項目
ステークホルダーエンゲージメントの確立
リスクマネジメントシステムの確実な運用

適正な製品・サービスの提供

参天製薬グループは、適用される法規、規格、基準を満足し、最新の科学技術を応用して、消費者に信頼される高い品質を確保した製品とサービスを提供します。

中期活動テーマ 活動項目
優れた製品の開発と提供
製品・疾患に関する情報・
サービスの提供
医療関係者・患者団体とのコンプライアンス確保

公正な事業取引

参天製薬グループは、事業活動を行う国や地域における法規・事業慣行等を遵守します。
参天製薬グループは、取引先を私たちのパートナーと考え、相互の発展をめざすとともに、法規・事業慣行等の遵守を求めます。

中期活動テーマ 活動項目
事業取引におけるコンプライアンス確保

人権尊重

参天製薬グループは、事業を行うすべての国と地域において、人権を尊重した活動を推進します。
参天製薬グループは、従業員一人ひとりが高い倫理観を持ち、お互いに敬意を払い、連帯感のある職場づくりを推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業活動における人権尊重

労働・安全衛生

参天製薬グループは、「人命」を第一に考え、従業員の安全確保および健康増進を図り、働きやすい職場環境の維持・向上を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
働きがいのある職場環境づくり
安全衛生の確保

環境保全

参天製薬グループは、生物多様性が生み出す自然を地球環境の重要な基盤であると認識し、地球環境を保護・保存し、「美しい地球を次世代に引き継ぐ」ための活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
地球温暖化対策
排出・廃棄対策
環境保護

社会貢献

参天製薬グループは、事業分野における医療の発展、
福祉の充実に向けた活動、および良き企業市民としての活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業分野における医療の発展と福祉の充実
企業市民としての活動

ページトップへ