参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

CSR(社会的責任)

公正な事業取引

中期活動テーマ
事業取引におけるコンプライアンス確保
活動項目 KPI

コンプライアンス意識を醸成する

教育・啓発実施 (対計画)100%

事業活動に応じた啓発活動の実施

 参天製薬では、遵守すべき法令や規制について研究開発、生産、販売などの事業活動に即した形で「参天企業倫理綱領」にまとめ、派遣社員を含むすべての社員に対して、適宜研修を実施しています。全社員が知っておくべきことについては定期的にニューズレターを発行、また、「利益相反の回避」や「インサイダー取引の防止」「下請代金支払遅延等防止法」「不当景品類及び不当表示防止法」など担当業務に応じ、より深く理解しておくべき法令や規制などについては部門や部署ごとに教育・研修を行い、理解・徹底に努めています。さらに、「CSR推進概念」に基づくリスク評価を行うことにより、啓発活動の浸透状況を定期的に確認しています。
 2015年12月に、「国家公務員倫理週間」に合わせて「贈収賄防止関連規制の理解」、また、2016年3月には法令遵守体制の強化の一環として「安全保障輸出管理」のeラーニングを実施し、守るべき事項や手続きについて理解を深めました。今後も継続的に、事業活動内容に応じた教育・研修を行い、全社員が高い倫理観に基づいた行動を行うための啓発活動に努めます。

業界自主規範の浸透に向けた取り組み

 当社を含む研究開発型製薬企業が加盟する「日本製薬工業協会」(以下、製薬協)では、製薬企業の事業活動が患者さんの健康・生命に直接にかかわるものであることに加えて、公的医療保険制度のもとにあることから、2013年4月に、加盟会社のすべての役員・社員に対し、高い倫理観に基づいた行動を求める業界自主規範として「製薬協コード・オブ・プラクティス」(以下、製薬協コード)を制定しました。また、11月を「コード・オブ・プラクティス理解促進月間」とし、会員会社が一体となって理解促進に取り組んでいます。
 当社では、製薬協が作成した「理解促進月間のポスター」に責任者が署名したうえで、すべての事業場に掲示しています。併せて、イントラネット上の掲示板を通じて、「私たちが公正、適切かつ倫理的な行動を取り社会から信頼されるため、製薬協コードをはじめとした法令・業界自主規範などについての背景や目的を再確認し、誠実な行動をとること」を求めるメッセージを社長から発信しています。

個人情報保護の徹底

 当社では、患者さんや一般消費者の方々、社員の個人情報を適正に取り扱い、保護するために、「個人情報保護方針」と個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定し、役員・社員への教育研修を通じた周知徹底と、適正な運用に努めています。
 2016年1月からのマイナンバー制度の運用開始に伴い、特定個人情報等の取り扱いに関する「基本方針」ならびに「規程」を制定し、より厳格な運用に努めています。

情報セキュリティ対策と啓発

 情報技術の進展に伴う情報漏えいリスクの高まりへの対処と、その一方で情報をいかに活用できるかが競争優位性確保のための鍵となることを踏まえ、「情報セキュリティ基本方針」「情報セキュリティ規程」のもと、より具体的な事項を定めた「情報セキュリティ細則」をはじめとした社内規程と推進体制を整備し、情報の保護・管理の徹底に努めています。事業のグローバル化に伴い、2016年5月に「情報セキュリティ規程」を海外子会社を含めた参天製薬グループのものとして再制定しました。
 全社員が方針、規程、細則を正しく理解し、運用することができて初めて、情報セキュリティ対策は有効に機能します。このため、全社員を対象に、eラーニングなどを活用した情報セキュリティ教育と理解度確認のための調査を継続して行うとともに、社内監査を定期的に実施しています。 2015年度は、急増している社外からの攻撃型メールへの対応が徹底されているかの確認を、全社員を対象に実施しました。

活動項目一覧

CSRマネジメント

参天製薬グループは、ISO26000の社会的責任の原則を尊重しCSR活動を推進します。注釈1
参天製薬グループは、CSR推進フレームワークに沿ってCSRマネジメントによるCSR活動を推進します。注釈2

注釈1

説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重

注釈2

ISO26000を参考に当社独自に定義したもの

中期活動テーマ 活動項目
ステークホルダーエンゲージメントの確立
リスクマネジメントシステムの確実な運用

適正な製品・サービスの提供

参天製薬グループは、適用される法規、規格、基準を満足し、最新の科学技術を応用して、消費者に信頼される高い品質を確保した製品とサービスを提供します。

中期活動テーマ 活動項目
優れた製品の開発と提供
製品・疾患に関する情報・
サービスの提供
医療関係者・患者団体とのコンプライアンス確保

公正な事業取引

参天製薬グループは、事業活動を行う国や地域における法規・事業慣行等を遵守します。
参天製薬グループは、取引先を私たちのパートナーと考え、相互の発展をめざすとともに、法規・事業慣行等の遵守を求めます。

中期活動テーマ 活動項目
事業取引におけるコンプライアンス確保

人権尊重

参天製薬グループは、事業を行うすべての国と地域において、人権を尊重した活動を推進します。
参天製薬グループは、従業員一人ひとりが高い倫理観を持ち、お互いに敬意を払い、連帯感のある職場づくりを推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業活動における人権尊重

労働・安全衛生

参天製薬グループは、「人命」を第一に考え、従業員の安全確保および健康増進を図り、働きやすい職場環境の維持・向上を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
働きがいのある職場環境づくり
安全衛生の確保

環境保全

参天製薬グループは、生物多様性が生み出す自然を地球環境の重要な基盤であると認識し、地球環境を保護・保存し、「美しい地球を次世代に引き継ぐ」ための活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
地球温暖化対策
排出・廃棄対策
環境保護

社会貢献

参天製薬グループは、事業分野における医療の発展、
福祉の充実に向けた活動、および良き企業市民としての活動を推進します。

中期活動テーマ 活動項目
事業分野における医療の発展と福祉の充実
企業市民としての活動

ページトップへ