CSR基本方針

参天製薬グループは、世界の患者さんに貢献し続けるため、CSR基本方針を定め、活動を推進しています。

経営と一体のCSR

当社は、基本理念に基づき、世界の眼科医療に貢献することを価値創造の根幹としています。企業が持続的に成長するためには、高い倫理観を持って、経営すなわち事業活動とCSR活動を一体として推進することが前提であると考えています。具体的な行動規範として「参天企業倫理綱領」を制定し、「顧客」、「社員」、「社会」の3つの視点から法令遵守に留まらない高い倫理観と誠実な行動を全従業員に求めています。「経営と一体のCSR 」を通じて、持続可能な社会ならびに環境へ貢献することで、2020年までの長期的な経営ビジョンである「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現を目指しています。

CSR基本方針と7つの推進中核領域

当社は、基本理念に基づいた事業活動を通じて、優れた製品・サービスを提供することにより、世界の患者さんのQOL( Quality of Life:生活の質)向上に貢献し続けることをCSRの基本方針としています。これを実現するため、「参天企業倫理綱領」の「顧客」、「社員」、「社会」の3つの視点と「ISO26000」の中核主題を参考に、7つのCSR推進中核領域を定義し、活動を推進しています。

CSR基本方針
				  参天製薬グループは「天機に参与する」という基本理念に基づいた事業活動を通じて、優れた製品・サービスを提供することにより、世界の患者さんのQOL向上に貢献し続けます。
				  CSRガバナンス
				  参天製薬グループは、ISO26000の社会的責任の原則を尊重しCSR活動を推進します。注釈1
参天製薬グループは、CSR推進フレームワークに沿ってCSRマネジメントによるCSR活動を推進します。注釈2
注釈1 説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重
注釈2 ISO26000を参考に当社独自で定義したもの
適正な製品・サービスの提供
参天製薬グループは、適用される法規、規格、基準を満足し、最新の科学技術を応用して、消費者に信頼される高い品質を確保した製品とサービスを提供します。
公正な事業取引
参天製薬グループは、事業活動を行う国や地域における法規・事業慣行等を遵守します。
参天製薬グループは、取引先を私たちのパートナーと考え、相互の発展をめざすとともに、法規・事業慣行等の遵守を求めます。
人権尊重
参天製薬グループは、事業を行うすべての国と地域において、人権を尊重した活動を推進します。
参天製薬グループは、従業員一人ひとりが高い倫理観を持ち、お互いに敬意を払い、連帯感のある職場づくりを推進します。
労働・安全衛生
参天製薬グループは、「人命」を第一に考え、従業員の安全確保および健康増進を図り、働きやすい職場環境の維持・向上を推進します。
環境保全
参天製薬グループは、生物多様性が生み出す自然を地球環境の重要な基盤であると認識し、地球環境を保護・保存し、「美しい地球を次世代に引き継ぐ」ための活動を推進します。
社会貢献
参天製薬グループは、事業分野における医療の発展、福祉の充実に向けた活動、および良き企業市民としての活動を推進します。