担当役員メッセージ

基本理念に基づき世界の眼科患者さんのQOL向上と眼科医療に貢献することこそが参天製薬が目指すCSRです。

事業活動を通じて、持続可能な社会の実現に貢献

参天製薬は1890年の創業以来、基本理念に基づき、眼科領域に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、事業活動を通じて、優れた製品とサービスを提供することにより、世界の患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)向上に取り組み、社会に貢献してきました。すなわち事業を通じた社会貢献をCSR活動の中心に据えています。
グループ全体でより一層CSR活動を充実させて行くためには、様々な経歴や文化的背景を持つ多様な従業員一人ひとりが基本理念を深く理解し、高い倫理観をもって事業活動を行い、法規制はもとより国際規範を守り、行動することが極めて重要と考えています。さらなる事業のグローバル化が加速していく中で、持続的成長可能な社会を目指し、グループ全体さらには取引先とも基本理念の共有を図りながら、コンプライアンスの徹底や地球温暖化防止、人権侵害の防止などの課題に真摯かつ継続的に取り組んでいきます。

常務執行役員
チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO)
兼 CSR・内部統制本部長
佐藤 正道