気候変動対策

参天製薬グループは、地球環境を保護し「美しい地球を次世代に引き継ぐ」ため、気候変動対策として温室効果ガス(CO2)削減に向けた取り組みを推進しています。

温室効果ガス(CO2)排出量の詳細な情報は「環境データブック」に掲載しています。

以下の報告は、参天製薬グループとして実績の開示を始めた2012年度を比較として掲載しています。

温室効果ガス(CO2)排出量削減の取り組み

参天製薬グループは、老朽化した機器の更新時に燃焼系から非燃焼系へのエネルギー転換や、高効率機器の採用による省エネルギー化など、温室効果ガス(CO2)排出量削減に積極的に取り組んでいます。これらの取り組みの結果、連結売上収益原単位では2012年度の29.9トン/億円から2017年度の14.8トン/億円と50%減少しました。

温室効果ガス(CO2)排出量の75%をしめる日本では、2013年度から日本製薬団体連合会の低炭素社会実行計画に参加し、2020年度のCO2排出量を2005年度比23%削減する中期目標を設定して取り組みを進めています。2017年度のCO2排出量は24,867トンと2005年度比30%減少し、中期目標を達成しました。

サプライチェーンにおける温室効果ガス(CO2)排出量削減の取り組み

参天製薬は日本において、自社の温室効果ガス(CO2)排出量に加え、スコープ3(原材料の購入や製品の流通、従業員の移動など)も含めたサプライチェーンにおける温室効果ガス(CO2)の排出量を把握し、削減に向けて取り組んでいます。2016年度より算定を開始したスコープ3の2017年度の排出量は、162,939トンと前期比5.4%増になりましたが、単体売上収益原単位では2017年度は94.8トン/億円と前期比3.7%減少しました。

環境に配慮した生産・物流の取り組み

製造段階

製造段階における各種調達に関する考え方をまとめた「グリーン調達ガイドライン」を作成し、調達先の理解と協力を得ながら環境に配慮した製品・原材料の調達に努めています。

物流段階

2014年2月から軽量化、小型化した物流用段ボールの使用を開始し、輸送時の燃料使用量や廃棄物の削減につなげることで、地球温暖化防止に貢献しています。