寄付の基本方針と実績

参天製薬グループは、寄付の基本方針を制定し、事業分野における医療の発展、福祉の充実に向けた活動、および良き企業市民としての活動を推進しています。

寄付の基本方針

当社は、基本理念に則った寄付の基本的考え方や実施に際して守るべき手続きなどを明確にし、企業市民としての社会貢献を継続して果たしていくために、寄付規程を制定しています。その中で年間の寄付総額については、単体経常利益の1%以上を目標、2%を上限の目安とする、と定めています。

基本的な考え方―抜粋―

当社は、基本理念―『「目」をはじめとする特定の専門領域に努力を傾注し、これによって参天ならではの知恵と組織的能力を培い、患者さんと患者さんを愛する人たちを中心として社会への寄与を行う』に則り、目にかかわる医学・薬学、医療の発展、疾患啓発、失明予防および福祉を重点分野とし、企業市民の責務の一環として寄付を行う。併せて、所属するコミュニティへの寄与として、加盟経済・業界団体が斡旋する社会的・公益的活動等、主要事業所立地地域における同様の活動等、および、大規模自然災害に伴う人道的支援等に対して応分の寄付を行う。

寄付の実績

当社では、「目」にかかわる分野を中心に医学・薬学の発展、医療への貢献を目的として、大学などの研究機関や、学術集会(学会)、専門医による研究会などに対する寄付を行っています。角膜移植の普及、国内外の医療関係者やNGOなどによる発展途上国における失明予防活動、視覚障がい者の方の自立を支援する活動、眼科医会や公益財団法人などの団体が行われる疾患などの啓発活動に対する寄付も継続的に行っています。また、企業市民として被災地支援や地域コミュニティへの貢献活動も実施しています。2017年3月からは、視覚障がい者スポーツ支援も開始しました。2016年度の寄付・貢献活動実績は、単体経常利益の1.9%相当である572百万円となりました。