参天の歴史

参天の歴史

  • 1890年〜1950年
  • 1951年〜2000年
  • 2001年〜現在

2001年〜現在

2001年(平成13年)
米国のアドバンスド・ビジョン・サイエンス・インクを買収
アドバンスド・ビジョン・サイエンス・インクは、眼内レンズの研究開発に強みを持つ眼科医療用具会社であり、今後、画期的で競争力のある眼内レンズの開発が期待されます。
緑内障・高眼圧症治療薬「デタントール点眼液」
抗アレルギー点眼薬「リボスチン点眼液」、緑内障・高眼圧症治療薬「デタントール点眼液」を発売
2002年(平成14年)
米国に、持株会社 Santen Holdings U. S. Inc.(現・連結子会社)を設立
新容器「ディンプルボトル」
使用性、識別性、生産性を向上させた新容器「ディンプルボトル」を導入
「サンテウプラス E アルファ」「サンテ40V」「サンテ40」を発売
2003年(平成15年)
2003-2005年度 中期経営計画 (PDF:248KB)PDFを策定
能登工場でISO14001を取得
フォールダブル(折りたたみ式)眼内レンズ「クラリフレックス」を発売
2004年(平成16年)
米国でジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア・インクによる医療用眼科薬の提携販売を開始
緑内障・高眼圧症治療剤「レスキュラ」を発売
抗リウマチ剤「メトレート」を発売
2005年(平成17年)
参天製薬(中国)有限公司を設立
2006年(平成18年)
森田隆和が会長に就任
黒川明が社長に就任
2006-2010年度 中期経営計画 (PDF:517KB)PDFを策定
春季カタル治療剤「パピロックミニ点眼液0.1%」を発売
「サンテメディカル10」「サンテALクールII」を発売
2007年(平成19年) 蘇州工場
蘇州工場が竣工
「サンテうるおいコンタクトa」を発売
2008年(平成20年)
奈良研究開発センター製剤開発棟、新付属棟が完成
緑内障・高眼圧症治療剤「タプロス点眼液」
緑内障・高眼圧症治療剤「タプロス点眼液」を発売
参天製薬として初の日・米・欧・アジアでのグローバル開発を経て、現在、日本、欧州、アジアの各国で販売しています。緑内障領域での未充足ニーズを満たす新薬として国内外の医療用眼科薬市場で注目されています。
眼内レンズ「エタニティー」
眼内レンズ「エタニティー」を発売
「サンテ40i」を発売
栄養補助食品「サンテルタックス」シリーズを発売
2009年(平成21年)
参天製薬(中国)有限公司が自社販売を開始
眼内レンズ「エタニティーナチュラル」を発売
「サンテFX Vプラス」を発売
2010年(平成22年)
2020年までの長期的な経営ビジョン「Vision2020」を策定
「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現を目指し、長期的な経営目標とその達成に向けた戦略の道筋を策定しました。
韓国参天製薬が自社販売を開始
緑内障・高眼圧症治療剤「コソプト点眼液」を発売
ドライアイ治療剤「ジクアス点眼液」
ドライアイ治療剤「ジクアス点眼液」を発売
新規の薬理作用を有する、世界初のP2Y2受容体作動点眼剤です。涙液の主要な構成成分であるムチンや水分の分泌を促進し、涙液(層)を正常 な状態に近づけ、ドライアイを改善します。
2011年(平成23年)
2011-2013年度 中期経営計画 (PDF:419KB)PDFを策定
サンテン・インディア・プライベート・リミテッドを設立
眼内レンズ用インジェクター「アキュジェクト」を発売
フランスのNovagali Pharma S. A. (連結子会社)を買収
2012年(平成24年)
欧州持株会社 サンテン・ホールディングス・イーユー・ビー・ヴィーを設立
蘇州工場で一貫製造を開始
眼科用VEGF阻害剤「アイリーア硝子体内注射液」
滲出型加齢黄斑変性治療のための眼科用VEGF阻害剤「アイリーア硝子体内注射液」を発売
バイエル薬品株式会社と共同で医薬品情報提供活動を展開しています。
「サンテメディカルガード」「サンテ40シリーズ」を発売
2013年(平成25年)
本社を大阪市北区に移転
ホーチミン事務所を設立
シンガポール現地法人サンテン・ファーマシューティカル・アジア・プライベート・リミテッドを設立
緑内障・高眼圧症治療剤「タプロスミニ点眼液 0.0015%」を発売
アレジオン点眼液0.05% 抗アレルギー点眼剤
抗アレルギー点眼剤「アレジオン点眼液0.05%」を発売
眼内レンズ「エタニティー ナチュラル ユニ」を発売
「サンテボーティエ」「サンテ PC」「サンテ快滴40」「サンテALn」を発売
2014年(平成26年)
2014-2017年度中期経営計画 (PDF:1.59MB)PDFを策定
米国メルク社が保有する眼科製品を承継
スイス、イタリア、イギリス、スペイン、タイ、マレーシア、フィリピンに子会社を設立
タプコム 緑内障・高眼圧症治療剤
緑内障・高眼圧症治療剤「タプコム」を発売
「ソフトサンティアひとみストレッチ」を発売
2015年(平成27年)
「SLC(サンテン・リーダーシップ・コンピテンシー)」を導入
基本理念に基づき参天製薬グループの社員に期待する行動(SLC)をグローバル共通で定め、そのSLCに基づく人事制度を構築しました。
抗リウマチ薬事業をあゆみ製薬株式会社へ承継
緑内障・高眼圧症治療剤「コソプトミニ」を発売
ドライアイ患者の重度の角膜障害治療用点眼剤「Ikervis」を発売
「新サンテウα」を発売
栄養補助食品「サンテ ルタックス20 +ビタミン&ミネラル」を発売
公益社団法人企業情報化協会のIT総合賞を受賞
2016年(平成28年)
参天ビジネスサービス株式会社を設立
参天アイケア株式会社を設立
参天製薬(香港)有限公司を設立
米国InnFocus社を買収
重慶参天科瑞製薬有限公司を設立
「サンテメディカル12」「サンテメディカルガードEX」「サンテメディカルアクティブ」を発売
一般社団法人日本IR協議会のIR優良企業特別賞を受賞
2017年(平成29年)
ロシアにサンテン・リミテッド・ライアビリティ・カンパニーを設立
眼内レンズ「エタニティー ナチュラル ユニアール」を発売
「サンテ ボーティエ コンタクト」を発売
社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に採用
国連グローバル・コンパクトに参加
2018年(平成30年)
黒川明が会長に就任
谷内樹生が社長に就任
中期経営計画「MTP2020」 (PDF:2.41MB)PDFを策定
「サンテ ボーティエ ムーンケア」を発売
一般社団法人日本取締役協会の「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2017」入賞企業に選出
  • 1951年〜2000年