参天製薬

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

参天製薬について

信頼性保証体制

信頼性保証の考え方

信頼されるブランドへ。

医薬品という、人の命に関わる製品を製造する製薬企業には、GMP(※1)、GVP(※2)、GPSP(※3)、GQP(※4)、GLP(※5)、GCP(※6)などの厳しい管理基準の遵守が義務づけられています。しかしそれだけでは、参天ブランドを守ることはできません。科学技術の進歩、社会情勢の変化など、医薬品を取り巻く環境が時代とともに変化する中で、求められる薬を確実に提供し続けるためには、製品の品質および有効性や安全性、発売後の対応まで含めた「企業の信頼性」を、研究・開発、生産、営業など、製品に関わる各部門が連携・協働して築いていくことが大切だと考えます。
そのため参天製薬では、社長直轄の品質保証および監査・安全監視・監査部門として、信頼性保証本部を設置し、研究・開発や生産工程における品質監査を行うとともに、各部門の信頼性保証への取り組みを支援。そして、より高い信頼性保証システムを構築する活動のリーダーとして、従業員全員が参天ブランドの信頼性を高める活動を行うことで、患者さんと患者さんを愛する人たちのQOL(Quality Of Life:生活の質)向上を目指しています。

※1
Good Manufacturing Practiceの略。医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理に関する基準。
※2
Good Vigilance Practiceの略。医薬品、医薬部外品、化粧品および医療機器の製造販売後安全管理の基準。
※3
Good Post-marketing Study Practiceの略。医薬品の製造販売後の調査および試験の実施の基準。
※4
Good Quality Practiceの略。医薬品、医薬部外品、化粧品および医療機器の品質管理の基準。
※5
Good Laboratory Practiceの略。医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施の基準。
※6
Good Clinical Practiceの略。医薬品の臨床試験の実施の基準。

グローバルな信頼性保証

グローバルな信頼性保証体制の仕組み

世界の患者さんに、安心・安全な薬を届け続けるために。

世界50カ国以上の国や地域で使用される、参天製薬の点眼剤。文化や習慣、経済や社会制度が異なるそれらの国々の患者さんに、安心・安全な製品を安定して提供し続けるために、品質保証と安全性監視の両面から、参天ブランドの信頼性をグローバルに保証する体制を構築しています。

グローバルな信頼性保証体制の仕組み

グローバルな信頼性保証体制の仕組み

ページトップへ