社長あいさつ

スペシャリティ・カンパニーとして世界の眼科医療への貢献を目指します。

代表取締役社長兼CEO 黒川 明写真

参天製薬グループは、「目」をはじめとする特定の専門分野に努力を傾注し、患者さんと患者さんを愛する人々を中心として、社会に貢献することを基本理念とし、人々の目とからだの健康維持・増進を願い、事業活動を行ってきました。眼科領域に特化したスペシャリティ・カンパニーとして、世界の患者さんや医療関係者の皆さまへ価値ある製品やサービスを提供し、眼科医療の希望ある未来の実現に貢献したいと願っております。

当社は、「世界で存在感のあるスペシャリティ・カンパニー」の実現に向け、開発パイプラインの強化、グローバルな開発体制の構築、および、事業開発のための投資を実施すると共に、参天製薬が強みを発揮できる日本をはじめ、高い市場成長が見込まれるアジア、EMEAでの積極的な事業展開などを着実に進めております。

世界の眼科領域においては、眼科医療が十分に発展していない国と地域が多数あることに加え、緑内障、網膜疾患などを中心に治療が未充足な領域も存在します。それ故に、スペシャリティ・カンパニーである当社が果たすべき責任は大きいと感じております。これからも患者さんとそのご家族、全てのステークホルダーの期待にお応えし、信頼していただけるよう、引き続きたゆまぬ努力を続けてまいります。皆さまのより一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長兼CEO 黒川 明